ウィンブルドン選手権の男子シングルスで第1シードになることが決まったアンディ・マレー(2016年7月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】来月3日に開幕するウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)の男子シングルスのシード順が28日に発表され、前年覇者のアンディ・マレー(Andy Murray、英国)が自身初の大会第1シードになった。

 前週のエイゴン選手権(AEGON Championships 2017)1回戦で世界ランク90位のジョーダン・トンプソン(Jordan Thompson、オーストラリア)にまさかの敗北を喫するなど、最近は不調が続いている世界1位のマレーだが、今大会では準決勝まで「ビッグ4」との対戦を回避できることが決まった。

 同じくスランプ状態のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(Gerry Weber Open 2017)で優勝を果たしたロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)、全仏オープンテニス(French Open 2017)王者のラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)が、それぞれ第2〜第4シードに入っている。

 ウィンブルドンでは例年、世界ランキングに固執せずにシード順を決めるのが慣例となっており、世界4位から第2シードになったジョコビッチと、同5位から同3シードになったフェデラーは、大会主催者の決定方法から利益を受ける形となった。

 現在世界2位のナダルが第4シードにつけた一方、過去のウィンブルドンで準決勝進出経験がない世界3位のスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)も第5シードに落ちている。また、ウィンブルドン特有のシード決定方法から最も大きな利益を受けたのはギル・ミュラー(Gilles Muller、ルクセンブルク)で、現在は世界ランク26位につけているものの、芝での好成績を考慮されて第16シードとなった。錦織圭(Kei Nishikori)は第9シードに入った。

 2017年ウィンブルドン選手権、男子シングルスのシード順は以下の通り。

第1シード:アンディ・マレー

第2シード:ノバク・ジョコビッチ

第3シード:ロジャー・フェデラー

第4シード:ラファエル・ナダル

第5シード:スタン・ワウリンカ

第6シード:ミロス・ラオニッチ(Milos Raonic、カナダ)

第7シード:マリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)

第8シード:ドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)

第9シード:錦織圭

第10シード:アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)

第11シード:トマス・ベルディハ(Tomas Berdych、チェコ)

第12シード:ジョーウィルフライ・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga、フランス)

第13シード:グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)

第14シード:リュカ・プイユ(Lucas Pouille、フランス)

第15シード:ガエル・モンフィス(Gael Monfils、フランス)

第16シード:ギル・ミュラー

第17シード:ジャック・ソック(Jack Sock、米国)

第18シード:ロベルト・バウティスタ・アグト(Roberto Bautista Agut、スペイン)

第19シード:フェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez、スペイン)

第20シード:ニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)

第21シード:イボ・カルロビッチ(Ivo Karlovic、クロアチア)

第22シード:リシャール・ガスケ(Richard Gasquet、フランス)

第23シード:ジョン・イズナー(John Isner、米国)

第24シード:サム・クエリー(Sam Querrey、米国)

第25シード:アルベルト・ラモス・ビノラス(Albert Ramos-Vinolas、スペイン)

第26シード:スティーブ・ジョンソン(Steve Johnson、米国)

第27シード:ミーシャ・ズベレフ(Mischa Zverev、ドイツ)

第28シード:ファビオ・フォニーニ(Fabio Fognini、イタリア)

第29シード:ファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)

第30シード:カレン・カチャノフ(Karen Khachanov、ロシア)

第31シード:フェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco、スペイン)

第32シード:パオロ・ロレンチ(Paolo Lorenzi、イタリア)

【翻訳編集】AFPBB News