北朝鮮・平壌に建設された住宅地の落成式に臨む金正恩朝鮮労働党委員長(右、2017年4月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮は28日、韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の暗殺を企てていたとして、朴氏を死刑に処すと威嚇した。

 国営朝鮮中央通信(KCNA)が報じた北朝鮮当局の合同声明は、朴氏は韓国の情報機関が画策した金正恩氏を排除する計画を「推し進めた」とし、「われわれは国内外を問わず、反逆者である朴槿恵を死刑に処すことを宣言する」と主張。

 韓国の情報機関、国家情報院(NIS)の李炳浩(イ・ビョンホ、Lee Byung-Ho)前院長と「その一味」も同様の運命にあり、「今後、いつどこで、いかなる方法で惨めな死に方をしても訴えることはできない」と続けている。

 収賄および職権乱用容疑で弾劾訴追されて逮捕された朴前大統領は、現在、韓国ソウル(Seoul)で身柄を拘束され、公判中の身。

 北朝鮮は28日の声明で韓国政府に対して、「恐ろしい国際的なテロ犯罪の首謀者」として朴前大統領らの身柄を「即時」引き渡すよう要求している。

 一方、NISは声明で「何度も明言してきた通り、北朝鮮の主張は事実無根」であるとし、「北朝鮮がわが国民の殺害を公に脅迫することは容認できない」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News