川崎フロンターレ・小林悠インタビュー(後編)

前編はこちら>>

 川崎フロンターレの小林悠は、寝室の扉の内側に目標を書き記した紙を貼っている。その場所を選んだのは、起床とともに毎朝必ず見ることで、より強く意識できるからだという。

 2017年になって、新たに書き直した紙は全部で3枚。うち2枚には「タイトル」と「全試合出場」の言葉が綴られている――。


点を取ることへのこだわりは以前と変わらない小林悠

 今季から指揮官が鬼木達監督となって、キャプテンを任されるようになった小林に、チームの何が変わったのかを聞けば、こう答えてくれた。

「昨季までは攻撃のところに特化していて、その分というわけではないですけど、やっぱり簡単な失点というか、チームとしてオーガナイズできていれば防げた失点というのがあった。オニさん(鬼木監督)は、その隙を出させないというか、攻撃しているときもリスク管理をするとか、攻撃している中でも守備時のマークを確認させるなど、守備の意識を徹底してくれている。

 今まではどちらかというと常にイケイケな感じでしたけど、今季は(谷口)彰悟とか(大島)僚太が、しっかりバランスを取ってくれている。チームとしても、勝つために今、攻撃に打って出ていいのか、それともボールを大事にしたほうがいいのか、というアンテナを張れるようになった」

 今季の川崎には手堅さがあり、試合巧者のようにすら見えるのはそのためだろう。今年の1月1日、天皇杯決勝で敗れて、その悔しさから小林は勝つことにこだわるようになった。「たとえオウンゴールで勝っても、勝ちは勝ち。勝ち点3がプラスできるならば最高にうれしいし、それでいいとすら思えるようになった」とまで言う彼の姿勢は、確実にチームにも伝播している。

 内容よりも結果――それは、タイトル獲得を目指すうえで、小林の中で新たに芽生えた本心である。一方で、小林の中には異なる感情がある。キャプテンとしてチームのことを考えた感情を縦軸とするならば、それとは平行することのない横軸が存在する。

 彼が持つもうひとつの軸は、ストライカーとしての感情である。寝室の扉に貼られた最後の1枚には、しっかりと「得点王」の文字が刻まれているのだ。

 小林自身、自らの中にあるふたつの異なる感情に気づいたのは、おそらくこのインタビュー中でのことだろう。

「キャプテンとして変わったところは何か?」という質問に対して、小林は「若手に対しても、積極的に声を掛けるようになりました」と答えた。具体的に聞けば、今季加入したFW知念慶(愛知学院大→)とのエピソードを教えてくれた。

「あいつは、すごくいいものを持っていると思うんですよ。ただ、僕が若いときもそうでしたけど、なかなか試合に絡めるわけじゃない。だから、『オレが若い頃は試合に出るために紅白戦のときには、ゴールしか狙っていなかったよ』って言ったんです。『周りに何を言われようが、FWは点を取らなければ、メンバー入りすることはできない。オレはそこにこだわったから、プロ2年目の途中から試合に出られるようになった』って。

 あいつがそれを聞いて、どう感じたかはわからないですけど、『どんな形でもいいから、とにかくゴールにこだわれ』ってことは伝えました。試合に出なければ、経験も成長もできないと思うから」

 そう言ってから、ハッとしたのか、小林は話のテーマを自分に戻した。

「チームが勝てればいい、という思いは本当に強いんですけど、最近、自分の中で『それだけじゃダメだな』って思うようにもなってきているんですよね。自分が、知念に言ったみたいに、もっと貪欲というか、もっとギラギラというか、ゴールに対する意欲というのはなくしちゃいけないですよね。

 知念に言ったときも確かに思ったんです。偉そうに若い選手にアドバイスしているけど、おまえ自身はどうなんだって。知念に言うことで、自分自身もその感情を思い出したというか。FWである以上、ゴールを決めたいという思いは捨てちゃいけないですよね。チームを勝たせたいという思いと、自分がゴールを決めたいという両方の気持ちを持っていないと」

 インタビューをしながら、待っていたのはこの言葉だったのかもしれない。

「もちろん、チームの勝利が一番大事ですけど、やっぱりオレ、自分のゴールがめちゃめちゃ大事ですもん」


チームの勝利はもちろん、「自分のゴールがめちゃめちゃ大事」と語る小林悠

 ストライカーとしての自分に戻った小林の言葉は止まらない。

「キャプテンになったことで、プレーにしても『チームが勝つために』というのが選択肢として最優先になった。そのおかげで、アシストが増えているのかもしれないですけど、正直、またアシストかよって思いますもん。まあ、FWらしいFWじゃないというか、右サイドでプレーすることも多いので、チャンスメイクもしなければいけないですけど、自分自身にちょっとイラッとするというか。

 例えば、10得点10アシストできるような選手になるのかどうか。それで言えば、(今季すでに4得点6アシストなので)順調に数字は残せている。でも、やっぱり『点を取りたい』という自分もいるので、心の中では葛藤しています」

 ストライカーとしての横軸がありながら、キャプテンとしての縦軸ではチームのことを考えている。

「チームに対して『戦っているところを見せたい』というのはあるから、今季はとにかく守備もがんばっているんです。点を取るために、ゴール前に残って『オレに出せ、出せ』って言っているだけになるのは嫌なので。そこはキャプテンとして『オレも走っているから、みんなもやれ』っていうところを示したい。それが、自分の中のキャプテンのイメージなんですよね」

 でも、結局のところ、彼はストライカーなのだ。

「自分の中で、いろいろと”チームのために”というのを考えてやっている感じではありますけど、ゴール前では今までと変わらず、強く要求しますからね。そこは、キャプテンになったからといって遠慮することはない。みんなにも『本当におまえは貪欲だな』って言われますからね(笑)。だから、そんなに変わってないのかもしれない。

 チームのことばかりを考えるよりも、オレがオレがってなったほうがいいのかもしれないですよね。確かにそれくらいの気迫があったほうが、必然的にチームの勝利にも、戦う姿勢にもつながりますからね」

 ストライカーとしての課題について聞けば、こう答える。

「今の自分に足りないのは、個人で打開する力ですね。コンビネーションで相手を崩すことはできるので、ドリブルでどれだけ突破できるかどうか。そこは、日本代表に選ばれたときにも強く感じたんです。

 また、あそこに入るには、自分ひとりで突破する力が必要だなって感じたので、チームの練習の中でも意識しながら、自分で仕掛けるようにしています。それができるようになれば、自分自身のプレーの幅も広がる。だから今は、ドリブルの意識というのが、自分の中では、かなり強くなってきていますね」

 ドリブルで打開する力が備われば、チームとしての攻撃のバリエーションは広がるし、何よりストライカーとして得点パターンも増える。それはすなわち、扉に貼った紙に書かれた目標へと近づくことになる。

 キャプテンになったことで、「考えることは多くなりましたけど、やらなければ気づけなかったこともありますし、自分の中にいろいろと引き出しも増えた。これからのサッカー人生において、プラスになることのほうが多いと感じています」と、小林は話す。

 キャプテンとしての責任も感じていれば、エースとしての、ストライカーとしての自負もある。新たなる自分を模索する中では、日々葛藤もしている。

 ただ、サッカーの答えがひとつではないように、キャプテンシーもまた、人それぞれである。ましてや、キャプテンマークを巻いている選手は貪欲にゴールを狙ってはいけない、という前例もなければ、そんなルールもない。自らのゴールでチームを牽引し、勝利に導けばいい。

 平行であれば交わることはないが、縦軸と横軸には必ず交わる場所がある。それが交差したとき、今はまだ朧(おぼろ)げにしか見えないタイトルが、グッと近づいてくるに違いない。

前編から読む>>

■Jリーグ 記事一覧>>