画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「A4サイズ」だけどハイパワー

イタリアの家電メーカー、デロンギから6月1日に発売された「タシューゴ アリアドライ マルチ」。コーヒーマシンやオイルヒーターで知られる同社が、日本で初めて投入した衣類乾燥除湿機です。今回は、この衣類乾燥機を実際に試用してみた所感をまとめたいと思います。

○機能はかなりシンプル

デザイン性の高さはもちろん、機能や技術面でも革新的な製品を数多く展開するデロンギ。そんなデロンギの衣類乾燥除湿機は、いったいどんな先進的な製品なのだろう? と思いきや、この製品の機能は極めてシンプルです。

ボタンは電源とモード選択用の2つのみ。電源を入れた後の操作は、湿度設定が約60% / 約50% / 約40%の3段階で選べる弱 / 中 / 強運転か、衣類乾燥モードのいずれかを選ぶだけです。弱 / 中 / 強運転の場合はそれぞれ設定湿度に達すると自動で運転を停止し、衣類乾燥モードの場合は連続運転を続けるようになっています。驚いたことに、衣類乾燥除湿機では一般的な風量・風向設定の機能やルーバー(風よけ)を備えていません。

ちなみに除湿可能面積の目安は、木造住宅で8畳/9畳(50Hz/60Hz)まで、コンクリート住宅で16/18畳(同)まで。1日あたりの定格除湿能力は6.5/7.2L(同)と、W33.5×H50.5×D22.5cmという本体サイズに対して高いスペックを持つ印象です。

○「A4サイズ」だけどハイパワー

タシューゴ アリアドライ マルチは除湿機の中でも「コンプレッサー式」と呼ばれる方式を採用しています。冷却器と放熱器を搭載し、空気中の水分を冷却・結露させて水滴に変え、さらに加熱して乾いた空気として放出するという、エアコンの除湿とほぼ同じ仕組みです。コンプレッサー式は他の方式に比べて除湿能力が高いのが特長。とくに気温の高い時期に威力を発揮しやすく、ヒーターを用いる「デシカント方式」よりも低消費電力であるというメリットがあります。

その反面、コンプレッサー式は本体が大型になりがち。除湿能力は内部の部品の大きさに応じて高くなっていくのが定石なので、能力が高いものほど大型化してしまう傾向にあります。

ところが、タシューゴ アリアドライ マルチの大きさは、底面の設置面積でいえばA4サイズに収まるほど省スペース。これだけコンパクトだと除湿能力が劣ってしまうのではと心配してしまいますが、定格除湿能力が1日最大7.2Lというスペックはクラス最大級になります。

●雨の日もシーツやバスタオルがすぐ乾く

○雨の日に使ってみる

実際に、雨で湿度70%近くになった13畳ほどのLDKに洗濯物を干し、その下に設置して衣類乾燥モードで運転したところ、周辺の湿度そのものの低下は3〜5%程度でしたが、1時間ほどでシーツやバスタオルなどの洗濯物がざっくり乾いているのがわかりました。そのまま運転を続けていくと、3時間ほどでほぼ乾いたと言える状態になりました。

前述のとおり、この製品には風量や風向設定、ルーバーがありません。ですが、風が直接当たらない場所で周辺の湿気を取り除くだけでも、通常の同じような条件の日に比べ、2倍ほど速く乾かせることを実感。排水タンクにも1Lほどの水が溜まっており、短時間でこれだけの量の水分が取り除かれたことに驚愕しました。

次に、ビニールテープを吊るして風が届く範囲を確認してみました。すると、水平方向へはあまり広がっていませんでしたが、垂直方向へは勢いよく吹き出していることがわかりました。実際、本体の真上に吊るしたバスタオルは1時間足らずで完全に乾いていたので、速乾したい洗濯物があれば真上に干すのがよさそうです。

コンパクトで機能もシンプルでありながら、実用に十分な能力を持つタシューゴ アリアドライ マルチですが、排水タンクは2.2Lと小さめ。しかし、満杯になると自動停止する仕組みなので、うっかり水があふれてしまうといった心配はありません。また、付属の排水用ホースを取り付けることで連続排水も可能なので、長時間稼動させたい場合も問題ありません。

吸気口のパネルの裏側には銀イオン抗菌フィルターがあり、取り込んだ空気に含まれるホコリやゴミを取り除けます。さらに抗アレルゲンフィルターも取り付けられており、雑菌の繁殖も抑えてくれるなど衛生面への配慮も十分です。

一方、やはりあったほうがベターと感じるのはタイマー機能です。この製品の場合、運転の完全停止は手動のみ。夜間寝ている間に運転したいという人にとっては少々残念に思うところかもしれません。

とはいえ、除湿能力そのものが高く、1時間程度の稼動でも効果は十分。就寝前に1時間ほど稼動させて大方乾燥させた後、後は自然乾燥にまかせても、朝までには十分乾かせそう。干し始めの最も湿っている状態は、雑菌などが繁殖しやすいため、干し始めに絞って使うのもアリだと思います。

○どんな人に向いている?

タシューゴ アリアドライ マルチの魅力は、何といってもコンパクトでデザインがよく、邪魔と感じにくいこと。狭い部屋や洗面所、浴室、玄関、クローゼットといった湿気のこもりやすい場所にスポット利用するのが向いていると感じます。

エアコンが設置されている部屋であれば、広範囲な除湿はエアコンのほうが効率が良いかもしれませんが、エアコン除湿の場合は空間全体が除湿されるため、寒く感じてしまうことがあります。そのため、衣類乾燥目的であればスポット的に除湿ができるほうが快適かつ高効率なので、タシューゴ アリアドライ マルチは最適といえるでしょう。

前述のとおり、コンプレッサー式の除湿機は消費電力も控えめ。この製品の1時間あたりの電気代は約5円とランニングコストとしてもそれほど気になりません。

また、タシューゴ アリアドライ マルチの推定市場価格は29,880円前後。衣類除湿乾燥機としては手ごろな価格帯、なおかつ小型なので、1人暮らしなどこれまで導入しにくかった層にも受け入れられやすい製品だと思います。