スポーツ専門ストリーミング「fuboTV」 累計調達額は60億円を突破

写真拡大

アメリカでは、コードカッティング(ケーブルテレビの契約解除)が拡大傾向にあるが、スポーツのライブ中継はケーブルテレビの数少ないキラーコンテンツとして人気を博してきた。しかし、最近ではそれすらHuluやSling TVなどのテレビストリーミングサービスで視聴できるようになっている。

こうした中、スポーツ専門のストリーミングサービス「fuboTV」は、シリーズCラウンドでNorthzoneや21世紀フォックス、スカイ、Scripps Networks Interactiveなどから総額5500万ドル(約61億円)を調達したことを明らかにした。

「私自身、1年前まではケーブルテレビに加入しないとスポーツ中継を視聴できないと思っていたが、状況は急速に変化している」と調査会社eMarketerのアナリストであるPaul Vernaは話す。FuboTVは、熱狂的なサッカーファン向けのストリーミングサービスとして2015年に設立された。同社はUnivisionや beIn Sports、GolTVなどのテレビネットワークと契約を締結し、現在では最も多くのサッカー試合を配信するサービスの一つとなった。

「サッカーファンは世界に35億人もおり、ストリーミングサービスに参入する上でとても魅力的なマーケットだ。我々は、サッカーに絞ることで契約者の数を一気に増やし、その他のコンテンツでも大型契約を締結することができた」とfuboTVの共同創業者兼CEOのデビッド・ギャンドラー(David Gandler)は話す。同社は、2016年までに2000万ドルを調達することに成功している。

ギャンドラーによると、今後もサッカーが主力コンテンツであり続けるというが、今年はNBCやフォックスと契約を締結し、サッカー以外のスポーツ中継のほか、BravoやFXなどのニュースやエンターテイメント番組の配信を開始した。また、6月21日には、月額34.99ドルのプランにCBS(CWテレビジョンネットワークやCBSN、Popを含む)が加わったことを発表した。

fuboTVの提供チャンネル数は60チャンネルを超える。このうち、スポーツ関連は34チャンネルで、MLBやNFL、NBA、サッカー、クリケット、ラグビー、サイクリング、大学スポーツなどのスポーツ専門チャンネルは18チャンネルとなっている。

fuboTVは現在の会員数を公表していないが、サービス開始から2年で10万人を突破している。業績はまだ赤字だが、ランレート(売上予測)は2000万ドルを突破する見込みだ。現在の収益源はサービス利用料のみだが、今年中にはロカール広告の配信を開始するという。会員の中には、スポーツ観戦が目的で加入しながら、「The Big Bang Theory」や「Billions」、「American Horror Story」、「Top Chef」などの人気番組も視聴するユーザーが多く、fuboTVとしては今後大きな広告収益が見込める。

人類の2分の1が「サッカー好き」という現実
サービス開始から数年で大きな成長を遂げた同社だが、ギャンドラーは今後の成長性については慎重な姿勢を崩さない。「我々は、カジュアルなスポーツファンをターゲットにしていない。fuboTVでは、4大ネットワークのうち、3社としてか契約をしていない。カジュアルなファンはHuluかSling TVを選ぶだろう」と彼は言う。

eMarketerのVernaは、エンターテイメント市場に参入すると、潤沢な資金を持つOTTサービスとの厳しい競争に晒されるため、ギャンドラーの目指すニッチ戦略は正しいと指摘する。一方で、「次のユーチューブやHulu、Sling TVになれるかは不明だ」と言い、将来の成長性には疑問を呈する。

fuboTVには、スポーツの領域でHuluやSling TVに負けている点がある。それは、ESPNを提供していないことだ。HuluやSling TVは、NFLやMLBの試合といったESPNのコンテンツを配信している。ギャンドラーによると、ESPNを加えるとfuboTVの料金がケーブルテレビよりも高くなってしまうのがネックだという。

「あらゆる番組を提供したいが、獲得できる数には限りがある」と彼は言う。現在、fuboTVはESPNやターナーと野球やバスケットボールのライブ中継を巡って交渉を行っているという。しかし、地球の人口の2人に1人がサッカーファンであることを考えると、交渉が不調に終わってもfuboTVにとっては大した損害にはならないだろう。