一体なぜ!? 初対面で緊張しやすいのは男性より女性だった!

写真拡大

初対面の人を前にすると、なぜか緊張してしまう女性は多いはず。それが異性だとしたら……。なおさらかもしれませんね。では、うまく緊張と向き合いながら、相手に好印象を残す方法はあるの? 今回は、初対面で好印象な雰囲気を作るコツについて、服装や挨拶などのポイントから徹底解剖! さらに「初対面の異性との会話術」について、国際線客室乗務員として接遇を担当し、現在はイメージコンサルタントとして活躍中の荒川泰子さんに教えてもらいました。

■初対面が緊張するのはなぜ?

初対面の相手と話すとき、緊張した経験はありませんか? まずは、初対面はなぜ緊張するのか、について探っていきましょう。

◇女性は緊張しやすい!?

緊張とひと口に言っても、心の反応から体の反応まで千差万別。その例としては、

・初対面の日を考えて、何日も前から重い気持ちになってしまう
・前日の夜は眠れなくなってしまう
・会った瞬間からドキドキが止まらない
・赤面してしまう
・鼻の頭に汗をかいてしまう
・ワキ汗が止まらない
・手足や声が震えてしまう
・言葉が途切れてしまう

など。全部当てはまるという極度な人見知り女子から、いくつか当てはまるという緊張しやすい女子、逆に初対面はいつもワクワクするというコミュニケーション大好き女子まで、タイプはさまざまです。

そもそもこのような症状は危険を予見する感覚であり、自身を守るために人間に備わっている防衛本能です。体力的に男性より弱い女性は、自分を守るための防衛本能がより発達しており、初対面で緊張しやすい人が多いと言えるでしょう。

◇初対面で緊張する理由とは?

「初対面の人に好印象を与えたい」「女子力が高いと思われたい」「失敗したくない、嫌われたくない」など、等身大以上の自分を見せなくてはいけないと思ったことはありませんか? こうした気負いや、勝手な思い込みは緊張を引き起こす原因だと言われています。

緊張することは人間として当然のことです。「相手も緊張しているかも」程度に考え、あまりネガティブに捉えすぎないようにしましょう。

■第一印象を良くするには?

初対面の異性に「良く思われたい」というのは、誰しもが抱く感情のはず。でも、好印象を与えるにはどうしたらいいの? ここでは、第一印象を良くするテクニックについて教えてもらいました。

◇初対面で好印象を残す服装って?

一番大切なのは「男性だったらどんな服装を好むか」という視点で考えることです。男性が好印象に思う女性の服装はいくつかあります。そのポイントを見ていきましょう。

☆ポイントは清潔感と季節感

何よりも注意したいのが「清潔感」です。服装はもちろん、ヘアやネイルといった全身の清潔感を意識したコーディネートをしてみましょう。

また、季節感や気候を意識することもポイント。とても暑い夏の日に全身ダークカラーコーデでは、見ている側が暑苦しく感じてしまいます。同様に、寒い冬に露出の多いミニワンピースもNG。初対面ならなおさら、ちょっと軽いイメージに誤解されてしまう恐れがありますよ。

清潔感も季節感も、服装の色味を意識してコーディネートすると上手に演出できます。白、ベージュ、淡いピンクなどは清潔感があり女性らしいカラーは、初対面の男性も親近感を感じてくれるはずです。また、冬にはダークカラーを着ることが多いですが、マフラーや手袋などの小物で明るい色を取り入れると◎。それだけで女性らしい華やかな印象になるのでおすすめです。

☆全体のシルエットも意識して

全体のシルエットのバランスを考えるのも大切です。柔らかく、女性らしいボディラインをさりげなくアピールすると良いでしょう。優しい風合いのニットやラインのキレイなワンピースはその代表格。フリルやレースを取り入れるよりも男子ウケの高い服装だと言えます。

◇好印象な挨拶の仕方

初対面の挨拶では、第一声がとても重要です。挨拶は想像以上に「あなた」という女性を表現するもの。表情や声を意識して、ぜひ好印象を残しましょう。

挨拶成功のカギは、ずばり「先手必勝」です。人見知り女子にはハードルが高いかもしれませんが、勇気をふりしぼってこちらから「こんにちは」と笑顔を見せましょう。自分から笑顔で挨拶してくれる女性に対して、悪い印象を持つ男性はいないはず。ちょっとそっけない感じの挨拶が返ってきたとしても、それは男性特有の照れ隠し。あまり気にする必要はありません。

表情に続き大切なのが声です。あまり作りすぎる必要はありませんが、いつもよりほんの少し高く明るい声を出すように心がけてみましょう。明るい声を出すと、不思議と体の緊張も解けていくのでおすすめですよ。

ボディランゲージと呼ばれる非言語のコミュニケーションも実は人の印象を左右する要素です。しかし、緊張すると肩に力が入り、動作全体がぎこちなくなりがち。これでは印象が悪くなってしまいます。まずは挨拶をする前に深呼吸。そして、肩に力を入れてぎゅっと上にあげ、次にストンと下に落として体の緊張をリリースしましょう。これを数回繰り返すだけで、女性らしく柔らかい所作が自然と出やすくなりますよ。

■初対面の人との会話のコツ

第一印象はバッチリ。では、そこから会話で仲を深めていくには? 最後に、初対面の異性との会話のコツについて学んでいきましょう。

◇盛り上がる話題って?

初対面の挨拶は無難にできても、その後の会話が続かず気まずい空気を味わったことはありませんか? 下記は、話題を見つけるための2つのコツです。

☆相手の好きそうなことを探る

初対面の男性との会話を盛り上げるポイントは、相手の好きそうなネタを話題にすることです。初対面は緊張してしまい、相手を観察するどころではないかもしれません。ですが、一度落ち着いて相手を観察すると、会話の糸口がたくさん見つかるものです。好きなサッカーチームのアイテムを持っていたり、好きなブランドのTシャツやシューズを身につけていたりする男性は多いはず。そこから好きなものの共通項が見つかれば、自然と会話が盛り上がるでしょう。

☆質問をする

会話を盛り上げるには、こちらから質問することも大切です。質問をすること自体、相手を知りたいという気持ちを伝える役割があります。自分がくわしくない分野でも、興味を持って質問してみましょう。自分が好きなことについて、人間は饒舌になるものです。また、初対面から難しい話題に取り組む必要はありません。出身地や出身校、趣味やスポーツ、食べ物、ペットなどシンプルで答えやすい話題について質問をすると良いですよ。

◇話し方の注意点

話し方は、男性が女性との相性を判断するキーポイントです。異性との初対面ではどうしても緊張した空気になりがち。そんな雰囲気を和らげるためにも、明るく聞き取りやすい話し方を常にキープするのが理想です。

☆表情とテンポに注意

緊張すると、つい真顔になり、話し方は一本調子に。女性らしい話し方から遠のいてしまいます。したがって、まずは明るい表情を心がけましょう。

テンポや間合いも大切にしたいポイントです。共通の話題があってもテンポや間合いが合わないと、なんとなく話しづらく感じてしまいます。できるだけ相手のテンポに合わせてみましょう。男性は話し方のテンポが合う女性だと、心地よく話すことができるのです。相性がよいと感じてもらえますよ。

☆「話し方」は「聞き方」でもある

男性は会話をリードしなくては、と少し意気込んでいる場合もあります。そんな男性の意識を感じたら、うなずいたり、相づちをいれたりしながら、しっかりと聞いていることを相手に伝えましょう。実は「話し方」とは「聞き方」でもあります。特に男性は、聞き上手な女性こそ話し上手だと認識する傾向にあるのです。

■まとめ

初対面で心がけるべき、コミュニケーションのポイントはいかがでしたか? 相手の気持ちを考えたり、少しの工夫をしたりするだけで、初対面の印象はグッと良くなるはず。異性の前で振る舞うのが苦手だという女性は、荒川先生のアドバイスをぜひ参考にしてみてくださいね。

(監修:荒川泰子、文:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです