さっき、防衛大臣の稲田朋美女史が、都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても(自民党候補を)お願いしたい」とかいう話をして大爆発しておったわけですよ。えっ。何でしょう、この自民党安倍政権の弛み具合。防衛大臣として、政治的行為を制限している自衛隊法を知らなかったってだけじゃなくて、稲田女史って弁護士っすよね。


稲田朋美防衛大臣 ©文藝春秋

何でしょう、この猛烈な譲り合いの精神

 都議会選挙の情勢とか見ていると、小池百合子女史の率いる都民ファーストの会はもちろん活動頑張っているし浸透もしてきているんでしょうが、小池都政への支持率は減少傾向な一方、対抗する自民党の側も森友学園だ加計学園だ稲田朋美女史だ豊田真由子女史だとエラー連発で自滅しまくっています。何でしょう、この猛烈な譲り合いの精神。このままいくと、たいして政治的に期待されてもいない都民ファーストの会の未熟な候補者50名がほとんど全員当選してしまい、次の選挙までに小池百合子女史が都知事でも降ろされようものなら2回戦で全員落選みたいなエクストリーム都議会になってしまいそうです。

 こういう政治状況を嘆いたり馬鹿にしたりするのはげんなりするんですが、これって私を含めた有権者のレベル、政治観の映し鏡である以上、吐いた唾が全部自分に返ってくるんですよね。

 我慢して、スキルはないけど志ある政治家を育てるぐらいの度量が有権者には必要だ、とか、理想はいろいろあるんでしょうけどね、投票した政治家が部下に対して「このハゲーーーッ」って絶叫してるとか、なかなか現実はつらいものがあります。


「このハゲーーーッ」の豊田真由子議員 ©時事通信社

「うちの官庁、けものフレンズ状態なんですよ」

 で、よく政策勉強会で顔を合わせる若手文科官僚が自嘲気味に「うちの官庁、けものフレンズ状態なんですよ」と吐き捨てているのが獣医師会がらみの問題であります。今回、加計学園の獣医学部四国新設の話が出る前から、獣医師の「総量規制」が獣医師会と文部科学省のあいだで「岩盤規制」として問題視されてきていました。まあ、半世紀にわたって獣医学部が新設されておらず、ペット医ばかりが充足しているんじゃ話にならないと言われればその通りです。何をしていたんだ文科省、となじられても仕方のない状況です。国内海外の防疫関係者からも「何で日本だけこんなに大型動物の獣医師が足らんの?」「イタリア以下じゃね」みたいなことを言われておるわけですね。


前川喜平前文科事務次官 ©時事通信社

 結局、国家戦略特区諮問会議の民間議員が会見して、安倍政権に反旗を翻した文科前事務次官の前川喜平さんの「行政がゆがめられた」などの発言に反論する事態になってしまいました。要するに、官邸の忖度だ圧力だ以前に、獣医師会から長らく獣医学部の新設に反対されて話が進まないでいて、文科省は前川さんがどうとかではなくいままでずっとこの獣医師の不足や偏在の問題の解決を先延ばしにしてきたって話ですね。それを解決するために特区作るよって話なんですから、問題に対応できていない行政の横から特区ぶっ込みたいといわれると「まあそうだな」となります。ただ、この諮問会議の民間議員にはあの竹中平蔵さんとかもおられ、顔つきや経歴からしてすこぶる善良とはなかなか思えないという点で、どちらが良いかは判断がつきません。

知識人の手首は何回転しているのかというレベル

 確かに「権力闘争とはそういうものだ」と言われればそれまでなんですよ。森友学園にしても、前にも文春オンラインで書きましたようにそもそもは「極右的な愛国教育を施している森友学園に首相夫人の安倍昭恵女史が加担しているとかけしからん、土地も安値で払い下げられているし、どういうことなんだ」と朝日新聞が問題提起をして、広がった事案です。

 ところが、森友学園の籠池夫妻がその見た目や物言いの面白さでキャラが立ちすぎてました。見てて楽しいんだからしょうがないだろ。メディアで面白がられ、さんざんネタを引っ張られた挙句に、いわゆる「面倒くさい客」扱いで安倍晋三首相から「迷惑だ」とか言われて切られてしまうわけです。逆上する籠池泰典さん。ここでめでたく籠池さんは反安倍の旗手として狼煙を上げ、実態すらどうだか分からない寄付金100万円を安倍昭恵女史に返しに行く、でも明らかに白紙を挟んだ2万円でしかないみたいな三文芝居をやらかしても、今度はメディアが籠池さんを英雄扱いしてテレビで好意的に報じるわけですね。


籠池一家 ©時事通信社

 また、今回の加計学園の件にしても、それまでは文部科学省の大学その他への天下り問題でその官僚の既得権益の権化とも言えた前川喜平さんをあれだけ正面から叩き続けてきた左派メディアが、いざ前川さんが安倍政権を批判し始めると前川さんは人格者だったとか言い始めるわけです。もはや、なんJ民なみの手のひら返しで手首は何回転しているのかというレベルであります。

 この辺になってくると、いわゆる左派系知識人も右派も原理原則とかあんまり関係なく、状況によって、都度都度流れてくる情報に翻弄され、柳のように擁護したり批判したり揺れ動くことになります。手のひらが返りすぎだ。ちょっと前まで文科省の天下りをあれだけ批判して前川さんの更迭を要望してきた知識人が、いつの間にか政権の横暴に抗う聖人君子のようなサラブレッド高級官僚であるとして崇める発言をするとか、健忘症にもほどがあるだろうと思うわけです。


松野博一文科大臣 ©文藝春秋

全員が悪人同士の権力闘争だと割り切るほうが正しい

 こういう混乱し錯綜した状況を読み解くには、誰かが絶対善、あるいは絶対悪と白黒決めて肩入れするよりは、関わっている奴ら全員が悪人同士の権力闘争だと割り切るほうが正しいと思うわけですよ。もうね、全員悪人のアウトレイジだ、ある種の蟲毒のようなものだと思うしかないのです。それも、利害関係のスケールの小ささを考えるに、動物園レベルの話だと思うんですよ。獣医師会のネタが出た分だけ、関係者が今回の一連の問題を人気アニメ「けものフレンズ」に模す理由も良く分かります。「すっごーい」みたいな。「君は獣医を増やしたくないフレンズなんだね!」みたいな。


萩生田光一官房副長官 ©文藝春秋

 あまりにも前向きではない状況で、一国の総理がたかが一桁億円の小学校の土地払い下げだ、獣医学部新設するしないだ、女性議員が暴言吐いただってネタに振り回されるというのは、ネタとしてさすがに小さすぎます。実に嘆かわしいことですし、アレを見て「ああ、我が国の首相・安倍晋三さんは立派なんだな」と思う日本人がまた一人、また一人と減っていくことになるでしょう。

権力闘争をすればするほど、みんな仲良く傷ついていきます

 傷つくのは首相や官邸、霞が関だけじゃなくて、追及しているはずの野党も、火付け役のはずのメディアも、だいたい同じようにイケてないわけです。獣医師会からお金もらってたじゃないか、つい半年前は天下り批判してたじゃないか、大新聞が官邸の言いなりになって個人の風俗通いの記事を掲載するなんておかしいじゃないか、テレビが馬鹿の小芝居を大きく報じるなんて変じゃないか。権力闘争をすればするほど、みんな仲良く傷ついていきます。

 で、必ず「誰かまともな政治家はいないのか」ってなるんですよ。

 そして、良い政治家はなかなかいないんですよ、政治家っていうのは有権者と同じレベルなんですから。


東武動物公園に設置された「けものフレンズ」のキャラクターに恋をするペンギンのグレープくん ©時事通信社

(山本 一郎)