「電気代見直しNo.1サイト『エネチェンジ』 / 電気もガスもかんたん比較」より

写真拡大

 この夏は熱くなりそうだ。気候の話ではない。光熱費――電気料金とガス料金をめぐる戦いのことだ。

 2016年4月の電力自由化に続き、17年4月からは都市ガス自由化がスタート。7月からは、関東地方でも東京電力のガスとのセットプランが始まる。いよいよ光熱費戦争勃発か――と言いたいところだが、地域によってその温度差は異なるようだ。

 我々消費者にとってもっとも気になるのは、自由化に伴う価格競争で料金が下がるかどうかだ。電力自由化の際には、次々と新電力が参入し、魅力的なプランがずらりと並んだ。17年5月末の段階で、新電力への切り替え数は約395万件で全国平均6.32%となった。1割には届いていないが、「まぁまぁ」の数字に見える。

 しかし、都市ガスの切り替えについては動きが鈍い。もっとも切り替えが進んでいる近畿地方でも約16万件だ(6月2日現在)。東京電力の参入が本格的に始まれば一気に進むかといえば、そうでもなさそうなのだ。

●東電、なぜガス参入に及び腰?裏にお家事情も

 話を先に進める前に、電気とガスの料金計算について、簡単におさらいしておこう。どちらも使用量に応じて適用される料金が異なるが、電気料金は3段階式の単価設定で、簡単にいえば多く使う家庭ほど段階的に単価が高くなる仕組みだ。

 ガスは逆に、使えば使うほど適用される単価が下がる方式になっている。「使用量のお知らせ」などを見て、自分の家がどの程度の使用量なのかを把握した上でプランを考えることが肝心だ。

 ガス自由化がもっとも盛り上がっている近畿では、大阪ガスと関西電力の競争が激しい。新規参入の関電は、自前の「なっトクプラン」で大阪ガスよりも安い単価を発表したが、それを受けた大阪ガスは、さっそく一般料金単価を見直し、さらにガス使用量が多い家庭向けに年間で最大約3000円トクするという「GAS得プラン もっと割料金」を発表した。

 すると、今度は関電が料金の引き下げを発表、あくまで「大阪ガスより安い」というアピールを崩さない。これには、昨年の電力自由化で大阪ガスが獲得した35万件もの電力客を取り返そうという強い意志が見える。しかし、直近の6月・7月の大阪ガスの料金を見ると、関電よりさらに安い数字が並ぶ。近畿エリアの家庭は目移りして選択に困ることだろう。

 しかし、関東エリアの状況はやや異なる。電気代見直しサイト「エネチェンジ」の巻口守男副社長によると、「都市ガス自由化に対する東京電力エナジーパートナーの戦略を見ると、初年度目標は東京ガスのエリアを中心に15万件相当を取るといっているが、そのうち東電が販売する分はたった4万件。これは、東電の社員だけでまかなえる程度の数字」だという。

 もちろん、全体の販売目標は50万件で、4万件を引いた残りは東電がタッグを組むプロパンガス大手の日本瓦斯(以下、ニチガス)とそのグループが引き受ける。

 そもそも、今回の自由化は都市ガスのガス管が引かれたエリアに限られ、プロパンガスを使用するエリアは無関係だ。関東では、東ガス以外の都市ガス業者が供給しているエリアは小規模な地域が多く、コストをかけてまで東電が取りに行くメリットは少ないという。

 また、ほかにもお家事情がある、と巻口氏。ひとつは原子力発電所にまつわる問題だ。もともと東電は、発電所の燃料として天然ガスを大量に輸入しているが、今はそれを火力発電にあてているので、ガスを売るにしてもたいした余剰がない。

 さらには、天然ガスを家庭用ガスに調整するための専用施設をまだ持っておらず、東ガスに委託している事情もあるという。東電が積極的に手を打ってこない以上、東ガスの当面の相手はニチガスということになる。7月以降、東ガスが安いプランを手土産にニチガスグループの供給エリアにいよいよ乗り出す、という報道があったが、ようやく動き出したというところか。

 とはいえ、東電自体がガスに本腰を入れてこないうちは東ガスも「様子見でいいや」という状況では、と巻口氏は分析する。関東の都市ガス競争が活発化するのは、もう少し先になりそうだ。

●電気とガスのセット割は本当にお得?落とし穴も

 業界事情はさておき、光熱費を安くするには小売業者を切り替えたほうがいいのか否か。電気にしろガスにしろ、各家庭の使い方はそれぞれ異なる。

「エネチェンジ」のような比較サイトで、我が家の使用量やライフスタイル(家族の人数や在宅時間、生活は朝型か夜型かなど)を加味してシミュレーションするのが一番だが、巻口氏は意外にも「電気とガスのセット割はおすすめしない」と言う。

 セット割には、落とし穴もあるというのだ。たとえば、東電の電気+ガスセットの「とくとくガスプラン」は、ガス料金が東ガスの一般料金より約3%トクという触れ込みだが、対象の電気料金プランとセットで契約しなくてはならない。

 しかし、その電気プランで得するのは、現状で月8000円以上電気代を払っている家庭が目安になる。ガス代は安くなっても、あまり電気を使っていない家庭にとってはおトクなプランとは限らないのだ。

 このように、セット化することで安さの中身が見えにくくなる例はたくさんある。消費者にとってもっともいいのは、「電気は電気で、ガスはガスで一番安いところを探し、個々に契約すること」(巻口氏)ということになる。

 その2つを合計した上で、電気・ガスセットプランの料金と比較すればいい。関東で電気を新電力と契約している家庭なら、ガスはニチガス「プレミアム5+プラン」に変えるだけで、東ガスより5%(使用量の条件あり)安くできる。「セットだから、さらに安いはず」と信じ込んではいけない。

●水力発電100%の電力を家庭で使えるプランも

 価格も大事だが、「自然エネルギーを応援したい」という人もいるだろう。

 東電の「アクアエナジー100」は水力発電100%でつくられた電気のプランだ。二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ、発電コストである燃料費調整額もかからない。石油などの価格に左右されないエネルギーであり、「電気料金の一部は、水源となる森林の育成など水力発電等の維持・拡大へ活用するために使う」ともうたっている。料金面で安いわけではないが、自らが使うエネルギーをどう選ぶかという一案としては興味深い。

 自由競争の名の下に利用者が安さのみを求めると、体力とスケールメリットのある大企業が勝り、中小が淘汰され、次に来るのは大手による市場の寡占、そして高止まりした料金プランというサイクルだ。安さというアメだけに目を奪われていると、つまずくこともある。価格だけではない多様なプランを選択できる未来を期待したいと思う。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)