ハーバード生の親が ありえないレベルで大切にする 家庭学習「3つ」の原則

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第4刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

学習は家庭が基本

 SIJの活動を通じて私がハーバード生から受け取った履歴書やエッセイは5年間で何百通にものぼります。

 書類選考を通過して私が面接したのはそのうち100名、SIJで一緒に活動したのは5年間で50名ほどです。

 ハーバード生の99%が言うのは、「学習は家庭が基本、両親は私の最初の先生、いまの私があるのは、親ときょうだいのおかげ」ということ。
 親がしてくれたことで、特に大切に感じたとハーバード生が挙げているのは、次の3つです。

ハーバード生が特に大切だと指摘する
3つのこと

●1 何でも挑戦させてくれ、できないものは「失敗しても問題ない」と明るく受けとめてくれた。できるものは興味がもっと湧くように工夫してくれたので、もっともっと好きになり、自分で努力したらどんどんうまくなった。うまくなるとほめられるので、ますます上手になって、得意分野になっていった

●2 オープンマインド=新しいアイデアを柔軟に受け入れる姿勢や、自分と異なる人の意見もよく聞くことを習ったことで、他人を尊重する態度が培われた。結果、リーダーとして活躍する素地ができた

●3 「勉強しなさい」「宿題やりなさい」「練習しなさい」と一度も言われたことがない。
 勉強はいろいろな体験を通じて「勉強への強い興味」が湧くように導いてくれた。
 宿題は一緒に取り組んでくれた。スポーツや音楽の練習は常に見守っていてくれた。

 とても明るい、すぐに行動する、仲のよい家族の姿が目に浮かびませんか。
 つまり、家庭学習は、家族全員が仲よくすれば9割成功したも同然です。

 さらに、この3つの家庭学習のキーポイントを取り入れれば、次回お話しする「家庭で一流の英語力を身につける」のは誰でもできるのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)