新築マンションに住み替えた世帯主の年齢構成比。一次取得者では30歳代が多く(上のグラフ)、二次取得者では60歳代がもっとも多くなる 出典:国土交通省「平成28年度 住宅市場動向調査」より 

写真拡大

「マイホームは一生に一度の買い物」とよく言われます。ところが近年、郊外の一戸建てに住むリタイア世代が今の家を手放して、小さくても利便性の高いマンションへ住み替えるケースが増えています。このように、あえて狭い家に住み替えることを「ダウンサイジング」といい、なかでも「都心型のコンパクトなマンション」への住み替えが人気を集めています。年齢とともに食事や服装の好みが変わっていくように、ライフステージが変われば、住まいに求めるものも変わります。そこで、老後を見通した失敗しない住み替えの考え方について『都心の小さな家・マンションに住み替える』の著者が2回にわたり、お話しします。

郊外の庭付き一戸建ては、
古い、ムダ、不便と感じませんか?

 子育てのことを考えて購入した郊外の広い庭付きの家。子どもが成長するまでの間は不可欠だったその住まいは、子どもが巣立った後も、あなたにとって最適な住まいと呼べるでしょうか? 駅や都心までの遠い道のりを我慢し、広い部屋や庭を維持するためだけに、大切なお金や労力を投入し続けることにならないでしょうか?

 家を買ったら、そこで一生暮らしていく――。なんとなくそうした考えを持っている人も多いと思いますが、国土交通省の「平成28年度 住宅市場動向調査報告書」によると、実際には住宅購入者の2割以上が住み替え(=2回以上住宅を取得)を行っていることがわかります。いかがでしょう? 思っていた以上に多い数字ではないでしょうか。

「でも、もうリタイアも見えてきたし、今さら住み替えなんて……」と思われる方は、年齢についてのデータもご覧ください。前出の国土交通省の調査によると、住み替えをした人(二次取得者)の世帯主の平均年齢は、新築マンションで56.8歳、中古マンションは54.3歳となっています。前出の住み替えした人2割のなかには、転勤等が理由の人も含まれますが、平均年齢を考えると、老後を視野に入れて住み替えた人のほうが多いように思われます。

 このように、子育ての終わりやリタイア生活が視野に入ってきた40代〜60代になって、住み替えを実践する人は決して少なくないのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)