「グリーンスムージー」の勝因は、野菜がたっぷり入っているがキウイなどの味をいかしておいしくしたこと。ヘルシーでもおいしくなければコンビニで売れない

写真拡大

大手メーカー商品さえも「陳列スペースを確保するのは一苦労」といわれる売れ筋主義のコンビニで、着実に存在感を増しているのがチェーンの色が濃く出るPB(プライベートブランド)商品だ。中でもローソンの売り場では今、新勢力のPBがヒットを飛ばしている。ローソンカラーの「青」ではなく「赤」のロゴが目印のナチュラルローソンブランドだ。(コンビニジャーナリスト 吉岡秀子)

午前中によく売れる
「グリーンスムージー」

 朝9時前――。出社途中のビジネスマンでにぎわう都内のローソンを見ていると、女性や40代オーバーくらいの男性がよく手を伸ばしていくドリンクがある。それはコーヒーではなく、チルド飲料と呼ばれるカップ型のドリンク「グリーンスムージー」だ。

 スムージーとは、野菜や果物を丸ごと使って作る健康ドリンクのこと。以前から専門店で女性を中心に流行っていたが、2年前、ローソンがPB化したことがスムージーの本格的な"コンビニデビュー"になった。

 発売された当初、筆者は「ホントにコンビニで売れるのか?」と半信半疑だった。

 それが、あれよあれよと売り場面積を拡大し続け、グリーンスムージーは「野菜と果実1日分」「チアシード入り 野菜と果実のスムージー」など仲間を増やしてシリーズ化。今や約20種類の大所帯となり、シリーズ累計販売数は1億500万本に上っている(17年5月末現在)。

 ほかにもここ数年で、売り場面積が急激に広がった商品群がある。「ブランパンシリーズ」と「健康菓子シリーズ」だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)