Appleは現地時間6月28日、iOS10.3.3ベータ5と、macOS Sierra10.12.6ベータ5を、開発者向けにリリースしました。

iOS10.3.3は正式版の公開間近か

iOS10.3.3の前回4回までのベータ版と同様、今回のベータ5でも特に目立った変更は見られないため、セキュリティ向上とバグ修正を中心としたマイナーアップデートだと考えられます。
 
今回のリリースがベータ5であることから、正式版の公開も近いとみてよさそうです。

iOS11開発も並行して進行中

Appleはまた、次のメジャーアップデートとなるiOS11のベータ版も公開しており、並行して開発を進めています。
 
開発者向けのiOS11ベータ版は世界開発者会議(WWDC 17)で公開されましたが、パブリックベータ版は現地時間6月26日にリリースされたばかりです。
 
macOS Sierra10.12.6ベータ5についても特に大きな変更はなく、バグ修正とセキュリティ向上がメインとなっている模様です。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)