文大統領(左)とトランプ大統領(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日午後(米東部時間)、米ワシントンに到着した。就任後初めてとなる訪米は3泊5日の日程で、30日にトランプ米大統領と初の首脳会談を行う。

 文大統領は最初に、朝鮮戦争中に起きた「長津湖の戦い」の犠牲者を追悼する慰霊碑を訪れ、献花した。
 米軍を含む国連軍が参加した長津湖の戦いは朝鮮戦争で最も激しかった戦闘の一つとされ、避難民約9万人が北朝鮮・咸鏡南道の興南埠頭(ふとう)から避難するのに決定的な役割を果たした。当時、文大統領の両親も避難したとされ、慰霊碑への献花は同盟の意味をあらためて確認する象徴になりそうだ。
 慰霊碑訪問後は両国の商工会議所が主催する会議と夕食会に出席する。
 翌29日は午前に共和党のライアン下院議長をはじめとする米政界の要人らと懇談会を行い、午後には夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏と共にホワイトハウスを訪問、トランプ大統領夫妻との夕食会に臨む。
kimchiboxs@yna.co.kr