杉田祐一が元世界3位のフェレールを倒して今季2度目のATPツアー8強入り [アンタルヤ・オープン]

写真拡大

「アンタルヤ・オープン」(ATP250/トルコ・アンタルヤ/6月25日〜7月1日/賞金総額43万9005ドル/グラスコート)のシングルス2回戦で、杉田祐一(三菱電機)が第4シードのダビド・フェレール(スペイン)を6-3 3-6 7-6(2)で破り、ATPツアーで今季2度目の8強入りを果たした。試合時間は2時間16分。

 両者は今回が初対戦。杉田は1回戦で、予選勝者のマシュー・エブデン(オーストラリア)を6-1 6-3で破って勝ち上がっていた。

 杉田は準々決勝で、ラッキールーザーのダニエル・アルトマイアー(ドイツ)と対戦する。アルトマイアーは2回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のマルセル・イルハン(トルコ)を6-3 3-6 7-6(5)で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「アンタルヤ・オープン」(トルコ・アンタルヤ)の2回戦で元世界3位のダビド・フェレールを破り、ATPツアーで今季2度目の8強入りを果たした杉田祐一(サービトン・チャレンジャーでのもの)
Photo:SURBITON, ENGLAND - JUNE 11: Yuichi Sugita of Japan celebrate during the final match against Jordan Thompson of Australia during the Aegon Surbiton Trophy tennis event on June 11, 2017 in Surbiton, England. (Photo by Patrik Lundin/Getty Images)