韓国の鬱陵島(ウルルンド)沖で漂流中だった北朝鮮の漁船が、韓国の海洋警察に救助された。

韓国の統一省によると今月23日、鬱陵島の北東48キロ地点で、エンジン故障で漂流していた北朝鮮の船舶1隻を海洋警察が発見し救助した。船には8人の北朝鮮人乗組員が乗船していた。

統一省の報道官は28日、翌日(きょう)午前9時に日本海上の北方限界線において北朝鮮側に船員8人と船舶を引き渡す方針だと明らかにした。8人とも北朝鮮に帰国する意思を示していた。

今年に入って韓国近海で救助された北朝鮮船舶は5隻で、救助された乗組員15人のうち2人が韓国に亡命している。

(関連記事:漂流し救助された北朝鮮の船員、韓国亡命を希望