女ウケは「柄シャツ」でキマる!会社帰りに”モテるクールビズ”とは

写真拡大

【相談者:30代男性】
金融業界にいるため、今までクールビズ期間もスーツにノーネクタイで通勤していました。
今年は婚活をするため、その恰好で平日帰りのパーティーに参加したところ、明らかに私だけ浮いてしまいました。
職場でもクールビズの同僚も増えてきたので挑戦したいのですが、どうすればよいのでしょうか?

スーツに合わせていた長袖シャツを着るのも違和感があったため、連絡させていただきました。教えてください!

●クールビズは略装ではなく「軽装」です!

男性のべ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行してきました、服のコンサルタント森井です。

ご注意ください!
スーツのビジネスシャツに、スーツスラックスを合わせるだけの恰好はクールビズとは言いません。
これを手抜きビズと呼びます。

クールビズは正装から引き算で考える略装ではなく、正装に向かって足し算で考える軽装が正解です。
実際、女性からこんな声も挙がっていました。

『シャツの襟先と仕事の出来はつながっている気がする』(32歳/営業)
『ネイビー色のシャツは、肌着が透けないから見ていて安心!』(34歳/事務)
『サマージャケットを着ている男性がカッコよく見える』(28歳/受付)

クールビズも男女で目線が異なるようです。

●(1)仕事の評価に影響か?シャツの襟先

「クールビズといえばボタンダウンシャツ!」というほど浸透しているシャツですが、ノーネクタイで合わせる襟型はこれだけではありませんでした。
襟の角度が180度あるホリゾンタルカラーは、第一ボタンを開けたとき、襟先がピョコッと浮きません。
一方、襟の角度が75〜90度のレギュラーカラーの場合、第一ボタンを開けたとき襟先が浮いてしまうのです。

この襟先の浮きを敬遠した結果、ボタンダウンシャツがクールビズ期間の主流になりました。
とはいえ、そのパターン以外もあったのです。
ホリゾンタルカラー以外に襟裏にボタンを留めたスナップボタン型もノーネクタイスタイルに有効です。

●(2)女性ウケは「柄」で決まる!

ダークスーツにネクタイを絞める場合、白シャツがフォーマルであることは言うまでもありませんが、半そでの白シャツではバス・タクシー会社の制服を連想させるリスクがあります。
これでは、クールビズではなく制服になってしまうからNG なのです。

シャツを選ぶとき柄物を取り入れてみましょう!
面積が少ない半袖シャツは想像以上に柄シャツも派手ではありません。

チェック・ストライプ柄あたりはビジネスシャツの定番と言えます。
また、柄のコントラストが弱いものであれば気にならないでしょう。

会社帰りにクールビズでも恋愛をする方法でした!

●ライター/森井良行(あなたのスタイリスト)