隠しイエローのファンデ。仕事帰りの顔が明るくなった #東京コスメ

写真拡大

大都市、東京──。

一歩まちがえると漂流してしまう街 。誰もが、自由で流動的で華やかで。でも、どこか寂しさをかかえているように見える。

だから、自分にパワーが必要。

そのためにある東京コスメ。彩って、美しく。さぁ、メイクして出かけよう。

──21:08 @ 新宿のオフィス──

つい、遅くまで仕事してしまう。

早く上がって飲みにでも行こうっていつも思うのだけど、平日はたいてい21時を過ぎる。そんな私には、決めごとがある。それは...

「仕事帰り、予定がなくてもちゃんとメイクを直して帰ること」

ファンデも眉毛も取れちゃって、目力もないまま「まさか」のできごとに出くわしたら...。

駅のホームで学生のころの友だちにバッタリ会ったら...。

白シャツの似合う素敵な人と電車の中で目があったら...。

最寄りの駅で、素敵なバーを見つけて1杯飲みたくなっちゃったら...。

きっと、なにごともなく、いつものように駅の近くのスーパーでつまみを買って帰るのだけど、そういうの、考えるだけでも楽しいから、デートがなくても飲み会がなくてもメイク直しはしてから帰る。

何が起こるかわからないし、アフター6はきれいでいるに越したことはない。

20170627cosme7.jpg「お直し」がコンセプトの「ParaDo(パラドゥ)」のコスメたちは、仕事帰りの私の味方。

まずは隠しイエローの入ったパウダーファンデ(お直しさんのメイクセット 1,404円・税込)で疲れ顔を瞬時に一掃。

消えかかった眉は、アイブロウペンシル(お直しさんのメイクセット 1,404円・税込)で描き足す。あっという間にちゃんと顔に生気が戻ってくる。

マスカラ(972円・税込)は繊維フリーだから、朝塗ったまつ毛に重ねづけしてもカピカピにならない。

崩れたメイクの上から重ねても、きれいにしてくれるパラドゥのお直しコスメたち。どれも軽量だから、荷物が重い日も「まさか」にもちゃんと備えられる。

人生には、「上り坂」と「下り坂」と「まさか」があるって、友だちの結婚式のスピーチで聞いた。

仕事の帰り道。今日が「まさか」に会える日かもと、心を弾ませて帰路につく。

[ParaDo(パラドゥ)]

撮影/グリッティ編集部 文/YURIKO

こちらも読まれています

・大きめバスト、水着でコンパクトに見せるには?

・9億年前のダイヤモンドがお守り。モデル・有末麻祐子さん25歳からのMy First #sponsored

・オフィス女子なら知っておきたい「働く髪にできること」 #sponsored