@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

黒い衣装のスピリット・オブ・エクスタシー

深く、濃く、翳りのあるブラックをまとったドーン。ロールス・ロイス・ドーン・ブラックバッジは、ゴースト、レイスにつづくシリーズ第3弾モデルである。

黒一色のエクステリアは、ロールス・ロイスの航空機事業から受け継いだ、まったく新しい表面処理技術を適用したものだ。

直径0.014mmという極細の航空機用アルミニウム糸を互いに織り込み、カーボンファイバーに接着。その後、表面は6回のラッカー塗装で仕上げ、72時間かけて硬化。それから手作業による研磨で、鏡面仕上げにしていくという。


ブランドのシンボルであるスピリット・オブ・エクスタシーが、ハイグロス・ブラック・クロームの衣装をまとったのも特徴だ。またルーフは、ブラックのキャンバス仕様のみが用意され、リアデッキもブラックレザーで仕上げた。

暗く美しい特別なフィニッシュは、

・フロントグリルサラウンド
・トランクリッドフィニッシャー
・エグゾーストパイプフィニッシャー
・エアインテークフィニッシャー

にも適用され、専用クロームサーフェス仕上げが施されている。見落としがちなポイントであるが、ロールス・ロイスの「ダブルアール」バッジが、配色を反転しているのもなかなか心憎い演出だ。
 

6.6ℓV12は、600psにパワーアップ

インテリアは、最高レベルの上ブラックレザーを用い、暗闇に没する前の夕焼けを彷彿とさせるオレンジハイライトのストリップが、キャビンのウエストラインを囲んでいる。


また、パワートレインを通常のドーンより高出力化したのも特徴だ。

・6.6ℓツインターボV12エンジン
・ZF製8速ギアボックス
最高出力:600ps(30psプラス 標準のドーン比)
最大トルク:85.7kg-m(2kg-mプラス)
0-100km/h加速:4.9秒
最高速度:250km/h

このパワーアップに対応するため、ブレーキディスクは直径を1インチ拡大している。
 

東京でも一般公開 6月30日〜7月2日

ドーン・ブラックバッチは、6月30日金曜から東京都内でも公開される。展示情報は下記の通り。


・場所:
六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目9-1)

・日時:
6月30日(金曜) 15:00 - 18:00
7月1日(土曜) 10:00 - 20:00
7月2日(日曜) 10:00 - 20:00

・展示車両:
ロールス・ロイス・ドーン・ブラック・バッジ(アジア・プレミア)
ロールス・ロイス・ゴースト・ブラック・バッジ
ロールス・ロイス・レイス
ロールス・ロイス・ドーン