エバー航空提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 28日 中央社)エバー(長栄)航空は28日、サンリオとコラボレーションした特別塗装機「なかよしジェット」の運航を開始した。同機はサンリオとコラボした新シリーズの4機目。主に桃園国際空港発着の沖縄、大阪線で運航される。

エバー航空はこれまで運航してきたハローキティ塗装機の引退に伴い、サンリオのキャラクターを起用した新たなデザインの塗装機を今年上半期に4機導入すると発表していた。この日登場した塗装機は4機目となる。

なかよしジェットの主役はハローキティ。仲間のフィーフィーやジョディらとともに友情を象徴するリボンを手にするイラストが描かれ、同機を通じて世界各地の友人を結び付けるというメッセージが表現されている。

機材はエアバスA321-200型機を使用し、座席数は計184席。台北(桃園)−沖縄、台北(桃園)−大阪(関西)を毎日各1往復する。

この日、桃園発沖縄行きの初便の乗客には、記念の食器セットが特別にプレゼントされた。

(汪淑芬/編集:名切千絵)