FCAジャパンは6月23日、「アルファロメオ」ブランドの新型スポーツサルーン「ジュリア」を、2017年内に日本国内で販売開始すると発表。ジュリアに関する情報をティザーサイトで公開している。

1962年から1977年まで生産されたアルファロメオの名車である「ジュリア」。小型軽量な車体にDOHCエンジンを搭載する高性能な小型車がスポーツサルーンとして40年ぶりに復活をした。

最上級グレードの「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」には、フェラーリ出身のエンジニアによりチューンされたV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力510PSを発生。パフォーマンスは0-100km/h加速3.9秒という圧倒的な動力性能を実現する。新世代エンジンは電子制御の気筒休止システムを備え、優れた燃費性能も両立。さらにアルミニウムの採用により軽量化を果たすとともに、官能的なアルファロメオ独自のサウンドも追求している。

ボンネットやルーフ、プロペラシャフトにはカーボンを、ドアやフェンダー、サスペンションにはアルミニウムを採用し徹底した軽量化を実現。その結果、パワーウェイトレシオは3kg/ps以下を達成している。

なおジュリアの情報は、順次ティザーサイトに公開されていく予定だ。
http://www.alfaromeo-jp.com/sp-giulia/

 

FCAジャパンは、ジュリアの導入に合わせアルファ・ロメオ・ブランド専売ディーラー網の整備を全国的に進めている。既存の正規販売店に加え新規ディーラーとの契約を締結し、2018年中に全国60店舗規模にまで拡大する予定である。