画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは、富士山頂および山小屋における高速データ通信サービスの提供と、富士山登山道での通信品質向上対策を、2017年7月上旬から実施する。この施策により、富士山頂や富士山の登山道で「SoftBank 4G LTE」や、「SoftBank 3G」が利用できるようになる。

同社は2001年から富士山の山開き期間中、富士山頂に基地局を設置し、登山客に向け通信サービスを提供してきた。2017年は富士山頂基地局を増強し、電波品質の大幅な向上を図る。また、須走口五合目周辺エリアの電波対策として新たに無線基地局を設置し、無線品質の向上も図った。

提供エリアと提供期間は、富士山頂が2017年7月上旬から2017年9月上旬まで。富士宮口/須走口/御殿場口/吉田口の登山口・登山道は通年で提供する。なお、NTTドコモとKDDIも、富士山の開山期間に合わせ、高速通信サービスを例年提供している。