オーバメヤンが天津権健と合意報道! 移籍金は90億円以上、年俸は約38億円超とも

写真拡大

▽ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)が、中国スーパーリーグの天津権健への移籍で合意したようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。

▽リバプールやマンチェスター・シティなど、ヨーロッパクラブも獲得に興味を示しているオーバメヤンだったが、かねてから中国への移籍も取り沙汰されていた。『ビルト』によると、クラブとオーバメヤンの間では合意に達しているとのことで、年俸は3000万ユーロ(約38億2400万円)にものぼるとのこと。移籍金は7000〜8000万ユーロ(約89億2200万〜102億円)になるとのことだ。

▽天津権健は、ケルンのフランス人FWアントニー・モデスト(29)の獲得にも動いているとされ、オーバメヤンと合わせて両者が今シーズンのブンデスリーガで記録したゴールは56(オーバメヤンが31点、モデストが25点)。元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトも所属しており、両選手を獲得した場合は強力な3トップが完成することとなる。