アメリカのMVNO「Virgin Mobile」がiPhoneに1本化!

ソフトバンクグループ傘下でアメリカの携帯電話会社「Sprint」から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)としてサービスを提供している「Virgin Mobile USA」が他のサービスとの差別化を図るため、iPhone専用の携帯電話サービスになると現地時間6月21日に発表しています。

欧州やアジアなどの多くの国・地域ではAndroidのほうがシェアが高いことがほとんどなのですが、アメリカではiPhoneが3分の2程度と圧倒的な日本に続いてシェアが高いこともあり、専用にすることでよりiPhoneに特化したサービスを提供して差別化していくようです。

【狂気のプランで他キャリアのiPhoneユーザーを狙う】

今回発表では、Virgin Mobile USAで新しいiPhoneを契約すると1年の間、通話とSNS、データ通信のすべてが無制限となるプランをなんと月1ドル(約112円)で提供するという“狂気的なプラン”を用意してきました。

さらにもしもの時の端末保証を月額7ドル(約800円)で提供するというから驚きです。どうやら採算を度外視して、他キャリアのユーザーを一気に引き込む狙いがあるようです。

【段階的にAndroid機は販売終息へ】

加えて、発表分の冒頭に「the first iPhone-exclusive carrier」とあるように初のiPhone専用キャリアになるとしており、現在、Virgin Mobile USAではAndroid搭載機種を利用しているユーザーもいますが、今後は段階的にAndroidを販売終息に向かわせて、iPhoneのみを販売するビジネスプランに切り替えていくとしています。

すでにVirgin Mobile USAの公式WebサイトにはAndroid搭載機種は一切取り扱われておらず、iPhone 6以降のiPhoneシリーズしか取り扱っていません。

既存ユーザーを自社のサービスへ引き込むために攻めたキャンペーンを組むキャリアの話は良くある話です。例えば、日本でもXiが出た当初、NTTドコモがヨドバシカメラで破格的なキャンペーンを行っていたなんてこともありました。

しかし、今回のVirgin Mobileのこのキャンペーンは今まで類を見ない程の破格的なキャンペーン、まさに狂気的なキャンペーンだと言えると思います。正直これで事業を続けていけるのか不安になるくらいなのですが、今後どう出るか少し楽しみですね!?

記事執筆:YUKITO KATO


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Virgin Mobile USA Changes How to Buy Wireless: One Year of Service for Only $1 + Virgin Perks | Virgin Mobile
・Virgin Mobile