日中国交正常化45周年と香港祖国復帰20周年を記念する「日本現代アートとの対話展」の開幕セレモニーが27日午後、東京の中国文化センターで行われた。

写真拡大

日中国交正常化45周年と香港祖国復帰20周年を記念する「日本現代アートとの対話展」の開幕セレモニーが27日午後、東京の中国文化センターで行われ、在日本中国大使館の王軍・参事官兼総領事や輿水恵一衆議院議員、東京中国文化センターの石永菁センター長、日中両国のアーティストらが出席した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

王氏は挨拶の中で、「今回の展覧会の名称は『日本現代アートとの対話展』。『対話』という言葉は、外交の分野でよく使われる。『対話が必要で、対抗してはいけない。対話を通して、理解を深め、交流を促進し、共に進歩していかなければならない』とよく言われている」と話した。

輿水氏は挨拶の中で、「日中両国のアーティストが一堂に会し、展覧会を開催できるというのは、とても良いこと。『対話』という言葉でそれを形容することができ、とても感動している。現代アートの対話を通して、日中両国の平和と友好が促進され、アートを通して相互理解が深まることを願っている」と語った。

石氏は挨拶の中で、「現代アートは日中交流においては、依然として手薄な分野。当センターは一年前から今回の展覧会の準備を進めてきた。改革開放(1978年)以降、中国の現代アートは大きく発展している。それまで、香港のアートを私たちはあまり目にすることができなかったが、今は、香港の画家の作品を見ることができ、刺激を受けることができている。私個人は日本の現代画家の作品も大好きで、2015年にセンター長になってから中国の画家と日本の現代画家の対話展を何度か企画してきた」と語った。

同展覧会では、中国のアーティスト3人、香港のアーティスト3人、日本のアーティスト6人の計12人の作品が展示されている。開催期間は今月27日から7月7日まで。(提供/人民網日本語版・編集KN)