浮世絵師・葛飾北斎の展覧会「北斎展」池袋・パルコミュージアムで開催、冨嶽三十六景など全50作品

写真拡大

浮世絵師・葛飾北斎の展覧会「世界が絶賛した浮世絵師 北斎展 〜冨嶽三十六景・エッフェル塔三十六景の共演〜」が、2017年6月30日(金)から7月17日(月・祝)まで、池袋パルコ・パルコミュージアムにて開催される。

広重、歌麿、写楽などと並び、江戸時代後期に活躍した浮世絵の巨匠・北斎。北斎はその波乱万丈な約90年の生涯で、30数回の改号、93回もの引っ越しに加え、常に借金に追われる生活の中で、膨大な数の作品を世に遺した。彼の代表作である赤冨士、浪冨士は、日本人なら誰もがきっと目にしたことがあるだろう。巧みな線と北斎色ともいえる象徴的な色使いは、多くの絵師たちに大いなる影響を与えた。

「世界が絶賛した浮世絵師 北斎展 〜冨嶽三十六景・エッフェル塔三十六景の共演〜」では、北斎の代表作「冨嶽三十六景」をはじめ、「東海道五十三次」などのシリーズもの、妖怪絵、戯画などの50作品を通して、葛飾北斎芸術の全貌を紹介。特に、海外から北斎が注目を集めるきっかけになった「北斎漫画」とともに、北斎の影響を強く受けたといわれるフランス人画家アンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」を紹介する。なぜ北斎が高く評価されたのか、様々な角度からその人気の秘密に迫る。

【イベント詳細】
「世界が絶賛した浮世絵師 北斎展 〜冨嶽三十六景・エッフェル塔三十六景の共演〜」
開催期間:2017年6月30日(金)〜7月17日(月・祝)
会場:パルコミュージアム
住所:東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ 本館 7F
時間:10:00〜21:00
※入場は閉場の30分前まで、最終日18:00閉場。
入場料 :一般700円、学生500円、小学生以下無料


[写真付きで読む]浮世絵師・葛飾北斎の展覧会「北斎展」池袋・パルコミュージアムで開催、冨嶽三十六景など全50作品

外部サイト

  • 吉田博展が新宿で開催 - 世界を渡り歩いた「絵の鬼」の風光明媚な風景画、ダイアナ妃の肖像も
  • 「ゆかたで野外シネマ」東急プラザ・おもはらの森で - 屋上テラスでビール&映画を楽しむ
  • 「ポムポムプリンカフェ」の夏限定かき氷 - 原宿・梅田・横浜・名古屋で期間限定発売