滝沢秀明の映画初主演作

写真拡大

 滝沢秀明が6月28日、東京・新宿ピカデリーで行われた、映画初主演作「こどもつかい」の大ヒット舞台挨拶に、共演の有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、門脇麦、メガホンをとった清水崇監督とともに出席した。

 映画は、子どもの霊を操り、悪い大人に呪いをかける謎の男・こどもつかい(滝沢)の恐怖を描く。滝沢は、「この間、有岡と一緒に映画を見に行きました。『こどもつかい』を。まさにこの劇場なんですけれど。ばれたら恥ずかしいなと思い、お客さんになるべくばれないように見た」と告白。トップアイドル2人にも関わらず、「全く皆さん気づいてないんです。カップルの方、男性1人の方が来ていたり、学生さんとか。『こんなに気づかないもんなんだ』というくらい気づかれず」と苦笑いで明かし、「皆さんと一緒に見れたのが嬉しかったですね」と語った。

 司会が「変装はされていたのですか?」と質問を投げかけると、「マスクをして、あと帽子を被って」(滝沢)、「あとメガネですね。2人して同じ変装をしていたんですよ」(有岡)と回答。さらに滝沢は、「(場内が)『暗くなったら入ろう』と言って、ずっとロビーで待っていて。暗くなったのを見計らって入ろうしたんですね。そうしたら暗くて。有岡がポップコーンを持っていたんですよ。暗い中でポップコーンを持っているから、(歩く速度が)すごくゆっくりになっちゃって、ひやひやしました。でも楽しかったです」と振り返った。

 さらに「怖くて見る勇気がない人が、本作を楽しむ方法」を問われた滝沢は、「僕と有岡は1回映画館に見に行きました。1回ではあれなので、2回、3回行かないといけないので、『今日は有岡と滝沢いないか』と。いろんなところに行きたいですね」と呼びかけ、客席のファンを喜ばせた。

 一方の有岡は、「監督は(撮影中)お酒を控えていらっしゃった。打ち上げの時に(酒を飲んだ清水監督が)気持ちよくなっちゃって、チュウしてきたんですよ」「どことはいいませんよ(笑)」と暴露する。焦った清水監督がファンに向かって「皆さんごめんなさい! 許してください!」と謝罪を繰り返すなか、有岡は「いつか言ってやろうと思ってたんです」とニヤリ。清水監督が「誕生日プレゼントをいただいたのかな。それのお返しだったんです」と説明すると、場内は大爆笑だった。