金はなぜ24分率?

写真拡大

金は、いまだに資産として人気があります。金の価値は、24分率で現されます。これは純金がどれくらい含まれているかを示す数字です。純金100%ならば24金となります。18金は、75%の金に、残りの25%を銅と銀で半分ずつ分けたものです。18金は、24金に比べて硬さがあるので、アクセサリーの素材として人気があります。

なぜ24分率

そこで疑問に思うのはなぜ金は24分率なのでしょうか。100分率で分けた方がわかりやすいのではないかと思うでしょう。これは深い理由があります。

天秤ではかっていた?

金は古来より、価値あるものとして取引がなされてきました。当時は現在のように電子スケールがないため、重さは天秤で測っていました。昔は、一定の重さがあるものとして植物の種子が基準に使われていました。種1つ分、2つ分といったカウントです。18金を作る場合は、金75%、銀12.5%、銅12.5%の割合となります。銀と銅を1とした場合、金は6となります。このような計測を行っていた時代の名残として、24分率が残っているといわれています。