「夏休みを迎える君たちへ〜ネットには危険もいっぱい〜」(1)

写真拡大 (全2枚)

 国家公安委員会と文部科学省は6月27日、夏休みを迎える子どもたちに向けた共同メッセージを発信した。インターネットを通じた子どもの性被害を防止するため、被害の具体例をあげたリーフレットや動画とともに、意識の向上を呼びかけている。

 共同メッセージでは、中高生におけるスマートフォンの保有率や、SNSの利用が高まっていることにより、ネットを通じた性被害が急増していると指摘する。特にSNSを通じた児童買春や児童ポルノなどの犯罪被害や、だまされたり脅されたりして自分の裸を送らされる「自画撮り被害」などの性被害にあった子どもは、平成28年には過去最多にのぼったという。なかには、SNSを通じて知り合った「19歳のイケメン大学生モデル」 に裸の画像を送信させられたが、正体は他人の写真と偽名を使ってなりすましていた46歳男性で、約130人の子どもが被害を受けた例や、「女性中学生」と偽っていた成人男性と裸の写真を交換した男子生徒が、続く要求に答えるよう脅迫され、わいせつな行為をされた例などがあったという。

 メッセージでは、女子および男子の被害事例をあげ、ネットを通じた性被害の防止には性別にかかわらず注意が必要だと呼びかける。見知らぬ人に安易に会わないどのような相手であっても自分の裸や露出し過ぎた写真を送らないなど、ネット上での出会いには細心の注意を払うことを徹底してほしいという。

 警察庁と文部科学省では、7月の「青少年の非行・被害防止全国強調月間」に合わせ、共同で「夏休みを迎える君たちへ〜ネットには危険もいっぱい〜」というリーフレットを作成した。被害事例をイラストや図表で説明するほか、啓発動画のQRコードを掲載し、犯罪被害防止に注意を促す。

 リーフレットにはトラブルにあった場合の相談窓口のURLも紹介。万が一被害にあってしまったら、被害拡大を防ぐためにも恥ずかしがらずに、すぐに保護者や先生、警察に相談してほしいと呼びかけている。 《リセマム 勝田綾》