「あじさいNight Walk」では音に合わせて照明が変化。幻想的な空間を演出する

写真拡大

大阪市此花区のホテル・ロッジ舞洲にある森のガーデンでは、「あじさい展」とイルミイベント「あじさいNight Walk」が、7月5日(水)まで開催されている。

【写真を見る】青色LEDライトによるイルミネーションで彩られる「あじさいNight Walk」

ホテル・ロッジ舞洲は、“舞洲異国”をコンセプトに、大阪市内とは思えない静寂と解放感が楽しめるリゾートホテル。イベント期間中は、ホテル内にある約1万坪を超える広大な庭、森のガーデンで、約65種類、1500株の咲き誇るあじさいの美しさを堪能することができる。

日没後は、「あじさいNight Walk」と題して、森のガーデンを青色LEDでライトアップ。音に合わせて変化する照明が、昼間とは違う幻想的な空間を楽しませてくれる。

「あじさい展」「あじさいNight Walk」ともに入場無料で楽しむことができる。

イベント期間中は、施設内のレストラン「舞洲レストラン」で限定メニューを販売中。

自家製のローストビーフをたっぷりサンドした「自家製ローストビーフサンドウィッチ」(1600円)や、スイーツメニュー「ガーデンクレープ」(700円)などを用意。

大阪市内にありながら森や海などの自然を触れ合える「ホテル・ロッジ舞洲」。あじさいの魅力が堪能できる期間限定イベントをぜひチェックして!【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】