サッカーの中国スーパーリーグで、またしても「乱闘」騒動が発生した。

写真拡大

サッカーの中国スーパーリーグで、またしても「乱闘」騒動が発生した。

問題の騒動は26日、北京国安と江蘇蘇寧の試合で起きた。発端は試合終了間際に江蘇蘇寧の選手が負傷してプレーが一度切れたものの、再開後に北京国安の選手が江蘇蘇寧側にボールを戻さなかったこと。これにより、両軍が入り乱れる騒動に。この中で、江蘇蘇寧の李昴(リー・アン)にビンタを見舞った北京国安のトルコ人選手ブラク・ユルマズにレッドカードが提示された。

この騒動について、中国のネットユーザーからは意外にも「被害者」の李を批判する声が多い。李がユルマズに対して侮辱するようなサインをしていたためで、「(李は)自業自得」「ユルマズは李の挑発に乗っただけ」「蘇寧の2番(李)は浅ましい」「どうりでリッピ(中国代表監督)は李昴を使いたがらないわけだ」など厳しいコメントが並んでいる。一方で、「手癖が悪くてもたたいちゃいかんな」とユルマズを批判する声もある。

このほか、先日にも乱闘騒ぎが発生していることから「中国リーグは本当にダメだ!。こんなんじゃちっとも面白くない」と苦言を呈するユーザーもいた。今月18日に行われた広州富力と上海上港の試合では、上海所属のブラジル代表オスカルが故意に2回、相手選手にボールを蹴りつけたことをきっかけに乱闘騒ぎに発展していた。

試合後、北京国安の謝峰(シエ・フォン)監督は退場処分を受けたユルマズについて「選手は勝てなくても、ミスを犯しても、ゴールを奪えなくても構わないが、チームより感情を優先させてはいけない」と苦言を呈した。一方で、選手がボールを蘇寧側に返さなかったことについては「江蘇蘇寧に謝罪したい。われわれはボールを返すべきだった」とした。(翻訳・編集/北田)