AOA チャンミ「アイドル演技対決 私が俳優だ」最終優勝者に!新作映画「Lookism」出演権を獲得

写真拡大

AOAのメンバーチャンミが「アイドル演技対決 私が俳優だ」で最終優勝を手にいれた。

韓国で昨日(27日) 放送されたK STAR「アイドル演技対決 私が俳優だ」の最終回で、これまでの勝敗を合算した結果、AOAのチャンミが最終優勝を獲得し、新作映画「Lookism」に出演することになった。

この日、チャンミはMBC「キルミー・ヒールミー」でファン・ジョンウムが演じたオ・リジン役に完璧に没入し、涙の演技を見せた。練習でも涙を流していたチャンミは本番であるファイナルビッグマッチでも、繊細な感情演技で見る人々を没入させた。演技を教えたアン・ヒョクモは「チャンミは感情の爆発とセリフの伝達力が素晴らしい」と絶賛した。

するとチャンミは「『アイドル演技対決 私が俳優だ』を通じてたくさんの事を感じた。とても意味深い番組だった」と優勝の感想を伝えた。

チャンミは「アイドル演技対決 私が俳優だ」の6回のビッグマッチのうち、2回優勝した。最初のビッグマッチでは、tvN「鬼」のチ・ウンタク役を務め、開始2秒で嗚咽演技を見せた。4度目のビッグマッチでは、tvN「応答せよ1988」のソン・ドクソン役をこなしながら、着実な成長ぶりを見せた。またこのような活躍を通じて、5月にはKBS 2TV「お父さんが変」にカメオとして出演しながら存在感をアピールした。