欅坂46 佐藤詩織&渡辺梨加、『残酷な観客達』で中学生役に挑戦! 才色兼備&天然コンビへの期待

写真拡大

 欅坂46主演ドラマ『残酷な観客達』(日本テレビ系)が、回を追うごとに謎を深めていき、視聴者を賑わせている。第7話でフィーチャーされるのは、佐藤詩織と渡辺梨加。20歳を超えるふたりが、先輩に憧れる中学生役に挑んでいる。

参考:欅坂46 鈴本美愉、先生との“禁断の愛”再び 演技でもメンバー支える存在に?

 出席番号14番・永嶺みこ(長濱ねる)の行動によって、先生の救出が失敗に終わった第6話。生徒達は、逃げ道のヒントを思い出した先生から脱出方法を聞き出し、体育館を後にする。脱出の可能性に賭け、二手のグループに分かれてプールに向かった17番・葉山ゆずき(平手友梨奈)と永嶺みこらは、次の指令が書かれたタブレットをプールサイドで見つけ脱出失敗を悟る。グループの絶望を他所に9番・佐野静香(佐藤詩織)と20番・若本杏奈(渡辺梨加)は、中学時代に一緒に憧れていた水泳部の先輩・内野悠人(前田公輝)との思い出に浸り、いつも好意的なコメントを寄せる観客の一人が“悠人先輩”だと信じ始める。

 欅坂46の中でも、ビジュアルに定評がある佐藤と渡辺。佐藤は、デビュー前にグループ初のソロ表紙を漫画雑誌『スピリッツ』で飾っている。シリーズ企画とは言え、初グラビアを撮影したのが篠山紀信というのも、周囲から期待をされている証拠だ。そして1年後にも同誌で表紙を飾るなど、プロからも持ち前の素質の高さが認められている。

 4歳から14歳までクラシックバレエに打ち込んでいた佐藤。バレエで鍛えられた長い脚を持つ美しいスタイルのほか、美術大学でデザインを学ぶほどの芸術的センスも兼ね備えている。ロッテ「キシリトール20周年プロジェクト」のパッケージデザインや、デビュー1周年記念ライブで歌われた「僕たちの戦争」では背景のグラフィックデザインを担当するなど、デザインの才能を遺憾無く発揮している。

 自身のブログでは、「今回のライブでは、僕たちの戦争の曲中のVJを任せて頂き、自分がやっていることを、こうやって少しでも大好きな欅の為に活かせたことが、本当に嬉しく、有難かったです。何回も、両立で悩んだけど、やってて良かったってプラスに思えた瞬間でした。何より、観てくださったファンの皆様が、握手会で直接、良かったよって言ってくれたのがすごい嬉しかったです!!」と綴っており、才色兼備+真面目な性格でファンの心をグッと掴んだ。(参考:佐藤詩織 公式ブログ)

 一方の渡辺梨加は、秋元康から「渡辺梨加はあれだけポンコツでも、何か憎めないものを持っている」(『日経エンタテインメント!』 2016年10月号)とお墨付きのコメントをもらうほどの天然キャラ。グループ最年長にも関わらず、“何もできない感じ”がメンバーからも愛されている。

 しかし、ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(テレビ東京)では最も重要な役を演じ、普段のイメージからかけ離れた演技を披露。視聴者からも賞賛の声を浴び、女優の才能の片鱗を見せた。監督から芝居のアドバイスを受けたという渡辺は、雑誌『BRODY』8月号増刊のインタビューで、「ちゃんと相手の台詞を聞いてから言うようにしました」と、演技のポイントを説明。また、「すぐに役に入り込めますか?」という質問に対しては、「『徳誰』のときは……凄く考えていたから」「役のベリカの気持ちをちゃんと考えていたので」と、彼女なりに役と向き合っていたことを明かしている。

 ストイックな役作りを行い、それが演技としてきちんと表現されているところに、女優としての才能が窺える。ちなみに、『徳誰』の最終回で涙を流すシーンは一発撮りだったそうだ。渡辺は、同インタビューでは、演技そのものが楽しいと発言しており、将来女優として活躍しそうな期待を感じさせる。

 今回、劇中で先輩に淡い想いを寄せる中学生役を演じている渡辺と佐藤。すでに公開されているふたりのビジュアルがファンの間で話題を呼んでいるだけに、ドラマへの注目度も高まりそうだ。(本 手)