世界中に多くのファンを持つ「ハリー・ポッター」シリーズが、誕生から20年を迎えた。第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』が出版された1997年6月26日に作者のJ.K.ローリングは、「20年前の今日、私1人だけだった世界が他の人に対して開かれたの。素晴らしいことよ。みんなありがとう」とツイートし、「#HarryPotter20」とハッシュタグをつけてハリーの誕生日をお祝いした。

 

そして改めてわかったのが、ハリー・ポッターファンのセレブがたくさんいること。ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でブレイクした女優シャノン・パーサーも、「J.K.ローリングへ、最も美しい世界の1つであり、訪れるのがこの上なく楽しい場所を生み出してくれてありがとう」とツイート。

 

NFL選手のマルコム・ミッチェルも「『ハリー、私は不安に思っていない』とダンブルドアは言っていた。『私が君と一緒にいる』と。J.K.ローリング、ハリーと僕たちを一緒にいさせてくれてありがとう」と投稿している。

 

DJのポール・ヴァン・ダイクも「最も暗いときであっても幸せは見つけ出せる。誰か一人でも明かりをつけることを覚えていれば」と『ハリー・ポッター』からの引用をツイート、ハリウッドのユニバーサルスタジオにある「The Wizarding World of Harry Potter」に遊びに行ったときの写真をアップ。

 

映画「ハリー・ポッター」シリーズに続き、昨年はシリーズから19年後を描いた『ハリー・ポッターと呪いの子』が舞台化されたり、スピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開されたりと、改めて人気が衰えていないことを証明した。すでに『ファンタスティック・ビースト』の続編製作も決定しているし、これからも「ハリー・ポッター」ワールドから目が離せない!

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka