ニンテンドースイッチの国内販売が100万台突破

写真拡大

ファミ通は6月28日、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の国内推定累計販売台数が100万台を突破したと発表した。

今年3月3日に発売となった「Nintendo Switch」だが、現在も品薄が続いており、量販店などでは抽選販売が行われている状況。国内推定累計販売台数は3月3日から6月25日まで、17週の累計で、その数は1,016,473台となった。

また、「Nintendo Switch」向けソフトの国内推定累計販売本数トップ5は次の通りだ。

◎国内推定累計販売本数トップ5(ファミ通調べ)

1位:「マリオカート8 デラックス」(任天堂)2017年4月28日発売
推定累計販売本数:501,614本

2位:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:460,480本

3位:「1-2-Switch[ワンツースイッチ]」(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:200,807本

4位:「ARMS」(任天堂)2017年6月16日発売
推定累計販売本数:154,845本

5位:「スーパーボンバーマン R」(KONAMI)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:92,112本

なお、ファミ通によると、17週での100万台突破は「現行の据え置き型ゲーム機と比較すると、最も早い到達週数」とのこと。今後も「スプラトゥーン2」(任天堂/7月21日発売予定)、「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」(カプコン/8月25日発売予定)といった注目タイトルが控えており、さらに、任天堂より出荷量増加について発表があったことからも、「今後さらなる販売台数の伸びが期待されます」としている。