ボルボ・カーズとオートリブ社、NVIDIA社と提携を発表 自動運転用先進システム開発へ

【ギャラリー】volvocars nvidia3



自動車メーカーのボルボ・カーズ、自動車安全システムの世界的なリーディングカンパニーであるオートリブ社、そしてAIおよびビジュアルコンピューティング企業のNVIDIA社は、自動運転車の先進システムとソフトウェアを開発するため提携すると発表した。
3社は、ボルボ・カーズとオートリブ社の半々の出資によって新しく設立された自動車ソフトウェア開発ジョイントベンチャーのZenuity社と連携し、次世代の自動運転車テクノロジーを開発。ボルボ・カーズは、2021年までにレベル4の自動運転車を販売する予定とのこと。

提携の一環として、ボルボ・カーズ、オートリブ社、およびZenuity社は、NVIDIA社のAI車載コンピューティングプラットフォームを独自の先進ソフトウェア開発の基盤として使用し、自動車安全分野で最も最も評判の高い2社と世界をリードする人工知能企業を結び付ける。



3社の代表からのコメントは下記の通り。

ボルボ・カー・グループの代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン氏
「ボルボ・カーズ、オートリブ社、およびZenuity社は、NVIDIA社との提携によって、動きの速い次世代自動運転システムの開発市場の最前線に立ち、ボルボ独自の市販自動運転車の開発を加速させます。」

NVIDIA社の最高経営責任者のジェンスン・フアン氏
「人工知能は、自動運転の多くの課題を解決するために不可欠なツールです。弊社は、ボルボ・カーズとの早期の提携によって、より安全で、環境にやさしい都市をもたらし、渋滞を低減させる市販車の製造に取り組みます。」

オートリブ社のCEOのヤン・カールソン氏
「私達は、NVIDIA社によって自動運転のためのAIコンピューティングの優れたプラットフォームに完全にアクセスすることができます。オートリブ社、ボルボ・カーズ、そしてNVIDIA社は、安全な自動運転について同じビジョンを共有します。この提携は、私達の先進ドライバーアシスタンスシステム(ADAS)と自動運転車の市場導入をさらに加速させることになります。」



ボルボ・カーズ、オートリブ社、Zenuity社、およびNVIDIA社は共同で、周辺環境内の物体を識別して潜在的な脅威を予測し、安全に操縦するための深層学習(人工知能の一種)を使用するシステムを開発する。

これらのシステムは、リアルタイムの状況認識を高解像度マップと比較し、安全なルートと正確な運転を可能にし、常に変化する状況に適合させるものだ。さらに、カメラ入力をつなぎ合わせて車の完璧なサラウンドビューを得るなど、他の重要な機能も果たすことになる。

Zenuity社は、ボルボ・カーズに自動運転ソフトウェアを提供。同時にオートリブ社は、既存の自社の広範な販売、マーケティング、および流通ネットワークを介して第三者にこのソフトウェアをOEM販売を行う。

【ギャラリー】volvocars nvidia3