モデルのミランダ・カーが、アメリカの政府に810万ドル(約9億720万円)相当のジュエリーを受け渡したことが分かった。

ミランダは2014年にマレーシアの資産家ジョー・ロウ氏から810万ドル相当のジュエリーを受け取っていたが、それはマレーシアの政府系ファンド「1MDB」から不正に流用された金で購入されていたとのこと。アメリカの司法省が現地時間15日に民事訴訟を起こしていて、ミランダは先日、ロサンゼルスで政府のエージェントに8.8カラットのピンクダイアモンドのペンダントを含めたジュエリーを渡したと「USAトゥデイ」紙は報道した。また、ミランダは2014年頃にロウ氏と交際していたと伝えられている。

ミランダの代理人は「調査が始まってから、ミランダ・カーはとても協力的で、贈り物のジュエリーを政府に渡すことを誓いました」「カーさんはこれからもできるだけ調査に協力していきます」とコメントした。

さらに、俳優のレオナルド・ディカプリオも誕生日プレゼントとしてロウ氏からピカソの絵画など高価な物を受け取っていて、レオナルドもすでに贈られた物を政府に渡している。

ミランダとレオナルドは今回の件で罪に問われることはないそうだ。

今年5月のミランダ・カー (c)Imagecollect.