「サム、マイウェイ」パク・ソジュン&キム・ジウォン、ベッドでのスキンシップに“ドキドキ”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
パク・ソジュンとキム・ジウォンが初めて同じベッドで寝た。

27日、韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「サム、マイウェイ」(脚本:イム・サンチュン、演出:イ・ナジョン、キム・ドンフィ) では、一緒に寝たコ・ドンマン(パク・ソジュン) とチェ・エラ(キム・ジウォン) の姿が描かれた。

この日、ドンマンとエラは初めて一夜を共にしようと決心した。しかし、エラの過敏な腸が問題だった。

ドンマンはすごく緊張したエラに「一晩中抱きたいし、帰らせたくない。太初の男のように行動したい。でも僕たちが寝ること、宿題じゃないでしょう。こんなターニングポイントがなくても君は僕にとって彼女だから」と言った。

ドンマンはエラを後ろから抱きしめ、エラは「息ができない。胸がドキドキする」とときめいた。