中国で26日に運行を始めた高速鉄道の新型車両「復興号」。習近平国家主席が掲げているスローガン「中華民族の偉大な復興」から命名されたこの期待の新型車両で、デビュー翌日に49分間の遅れが生じたと報じられている。

写真拡大

2017年6月28日、中国で26日に運行を始めた高速鉄道の新型車両「復興号」。習近平(シー・ジンピン)国家主席が掲げているスローガン「中華民族の偉大な復興」から命名され、中国が完全に知的財産権を持ち、最高時速350キロで北京と上海を結ぶこの期待の新型車両で、デビュー翌日に49分間の遅れが生じたと報じられている。

中国メディアの封面新聞によると、27日、北京南駅発のG123列車が49分遅れて上海虹橋駅に到着した。上海鉄路局によると、北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道ではこの日、複数の便で最大59分の遅れが生じていたという。

G123の遅延は、天津から福州に向かっていたG329の遅延の影響を受けたものだ。関係者は「高速鉄道で遅延が発生するのは普通のこと。G123の遅延は明らかにとばっちりだ」と説明している。(翻訳・編集/柳川)