宮根誠司

写真拡大

28日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、宮根誠司稲田朋美防衛大臣による選挙演説での発言に呆れ返った。

前日の27日、都議選の自民党公認候補への応援演説で稲田氏が放った自衛隊を巡る発言が物議をかもしている。稲田氏は演説の中で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても(投票を)お願いしたい」と、自衛隊を政治利用したかのような発言を飛ばしたのだ。稲田氏は同日深夜に「誤解を招きかねない発言があった」として撤回したが、与野党から批判が相次いでいる。

番組では、自衛隊の政治的中立が謳われている自衛隊法第61条を紹介。さらに、公職選挙法第136条にも触れて、公務員が地位を利用して選挙運動をしてはならない規定も紹介し、防衛相という地位にある稲田氏の規定違反の可能性を指摘した。

宮根は、稲田氏が発言後に「誤解を招きかねない発言があった」と撤回したことについて、「(国民は)誤解は全くしてない」とばっさり切り捨てた。また「防衛大臣としてはイロハのイ。基本中の基本」「『防衛大臣としては、素人ですか?』って話でしょ?」と、大臣としての資質を疑問視した。

【関連記事】
稲田明美防衛大臣の「自衛隊」発言に東国原英夫氏が呆れ「さすがにアウト」
宮根誠司 豊田真由子衆院議員の暴言音声に「こんな怖いチンピラいてない」
宮根誠司 AKB48に絡め政治家に苦言「頑張りをみせれば投票率は上がる」