蔡英文総統

写真拡大

(台北 28日 中央社)日本の菅義偉官房長官が26日、台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)への参加意欲を示したことについて「歓迎したい」と述べたことを受け、蔡英文総統は27日、自身のツイッターで「台湾のTPPへの参加に対して、日本の菅官房長官から前向きなご発言を頂き、誠に心強く感じています」とつづり、日本への感謝を表明した。

林全行政院長(首相)は23日、日本経済新聞のインタビューに応じ、米国が離脱したTPPは参加に値するかとの質問に、「もちろん参加するべきだと考えている」と答えた。さらに、日本がTPPの主要な推進国となったことに対し歓迎を示している。

(編集:楊千慧)