「昆虫とファッション」展が神戸ファッション美術館で - セミの羽を彷彿させるドレス、ランバンなどから

写真拡大

「昆虫とファッション」展が、神戸ファッション美術館で開催される。期間は2017年7月13日(木)から10月9日(月・祝)まで。

本展では、神戸ファッション美術館所蔵作品の中から、「水玉」「透明」「メタリック」「擬態」というキーワードをもとに、「昆虫とファッション」に関連する衣装や靴、ファッション写真など約25点を展示。

ジャンヌ・ランバン(LANVIN)による水玉模様のドレスは、てんとう虫を彷彿させる。さらに、ディナー・アンサンブルやマドレーヌ・ヴィオネによるイブニングドレスは、透明感のある素材を使用しており、まるでトンボやセミのよう。そんな美しい昆虫たちの魅力に人が近づき、変身できるかもしれないと思わせるような衣装の数々が会場に勢ぞろいする。

さらに、衣装をバーチャル試着体験することができる「着せかえサイネージシステム」を用意。美術館内に設置されたiPadの専用アプリを用いて自分の写真を撮影してサイネージに表示し、好みの衣装画像への着せかえを楽しむことができる。また、お気に入りの画像はオリジナルポストカードとして印刷し、有料で持ち帰ることも可能だ。

【詳細】
特集テーマ「昆虫とファッション」
期間:2017年7月13日(木)〜10月9日(月・祝)
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
場所:神戸ファッション美術館
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
休館日:月曜日、6月27日(火)〜7月12日(金)、7月18日(火)、9月19日(火)
※7月17日(月・祝)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
入館料:一般 500円、小中高・65歳以上 250円
※特別展示・ベーシック展示あわせて
※「神戸ゆかりの美術館」、「小磯記念美術館」へは当日入館券の半券提示により割引料金で入館可能。

■着せかえサイネージシステム
場所:神戸ファッション美術館 1階フリースペース
※ポストカード印刷は、別途1枚100円


[写真付きで読む]「昆虫とファッション」展が神戸ファッション美術館で - セミの羽を彷彿させるドレス、ランバンなどから

外部サイト

  • 吉田博展が新宿で開催 - 世界を渡り歩いた「絵の鬼」の風光明媚な風景画、ダイアナ妃の肖像も
  • 「花火アクアリウム バイ ネイキッド」イルカショーが大迫力の花火で彩られる、アクアパーク品川にて
  • 音楽フェス×アートミュージアムが融合「オーバー・ザ・ボーダー」東京・大阪で開催