栃木が本田圭佑が実質的オーナーを務めるSVホルンから元札幌のFW榊翔太を完全移籍で獲得

写真拡大

▽栃木SCは28日、日本代表FW本田圭佑が実質的オーナー務めるオーストリア2部のSVホルンからFW榊翔太(23)が完全移籍で加入することを発表た。背番号は27となる。

▽榊は北海道出身で、北海道コンサドーレ札幌の下部組織で育ち2011年にトップチーイに2種登録。2012年から正式にトップチーム登録されると、J1で12試合2得点、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)で5試合3得点を記録した。チームはJ2へと降格するも、2013年、2014年と札幌でプレー。2015年に当時オーストリア3部のSVホルンへと移籍した。

▽SVホルンでは、加入1年目にリーグ戦23試合に出場し5得点。カップ戦で1試合に出場し1得点を記録。今シーズンは2部で17試合に出場し1得点、カップ戦で1試合に出場していた。榊はクラブを通じてコメントしている。

「この度、栃木SCに加入することになりました榊翔太です。チームのJ2昇格に貢献できるように一生懸命頑張ります。応援よろしくお願い致します」

▽なお、榊は29日のトレーニングからチームに合流。7月21日の第2登録ウインドー期間開始後に選手登録される。