JUNS株式会社は、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3D・CG制作向けのワークステーションとして「SuperPC RYZENX」を2017年6月28日より発売開始した。希望小売価格は税込398,000円。

SuperPC RYZENXは、8コア16スレッドのRyzen7プロセッサを3.8GHzマルチコアで駆動させるレンダリングマシン。After EffectsやCINEMA 4Dでの3Dレンダリング、動画エンコードなどCPUの処理能力がもっとも必要とされる作業において高いパフォーマンスを発揮するとしている。PCI Expressに直結した500GB SSDをシステムに採用し、リードは最大2GB/s。標準で32GBのメモリを搭載し、最大で64GBのメモリを搭載することが可能。SuperPC RYZENXの仕様は以下の通り。

プロセッサRyzen7プロセッサ 1700X 8コア16スレッド 最大3.8GHz常用駆動
チップセットX370チップセット
メモリDDR4-32GB(16GB)
グラフィックGTX1070-8GB
システムドライブSSD 512GB
ストレージ8TB HDD
オプティカルドライブBlu-ray(-R/-RE/DL)/DVD±R/CD-Rスーパーマルチドライブ
カードリーダー3.5インチ内蔵型※USB3.0転送
電源80PLUS 850W
OSWindows 10 Pro 64bitセットアップ
アプリケーションオプションでセットアップ可
グラフィック(モニター接続)DVI×1/HDMI×1/DisplayPort×3
USBUSB 3.1(Type A GEN2 最大10Gbit/s)×1(リア)
USB 3.1(Type C GEN2 最大10Gbit/s)×1(リア)
USB3.0×9(リア:6/トップ:2/フロント1)
サウンド8ch HDオーディオ
カードスロットSD/MMCスロット×1/microSDスロット×1/CF(TypeI/TypeII)/
MDスロット×1/MS/MS Duoスロット×1
※SDHC、SDXC含む主要なメディアをサポート
LANギガビットLAN
サイズ464mm(高さ)×220mm(幅)×440mm(奥行き)
重量約20kg