【詳細】他の写真はこちら

乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが2017年6月22日、亡くなりました。夫である歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが行った会見に、涙したママも多いのではないでしょうか。同じ小さな子どもを持つ母として、子どもを残していく不安や心残りは計り知れません。麗禾ちゃんは5歳、勸玄くんは4歳、まだまだママが恋しい年ごろの2人を、父親である海老蔵さんは献身的に支えています。

子どもたちのためにおにぎり作り



6月24日のブログには、2人のお子さんのためにおにぎりを作る海老蔵さんの姿が。「今日からパパ ママもやります」というコメントとともにアップされています。その後、麗禾ちゃん、勸玄くんと一緒にお相撲も!舞台や稽古、さらに麻央さんを送るための準備に忙しい中、お子さんたちにできる限りのことをしてあげたいという気持ちにあふれているのがわかります。

6月25日には、歌舞伎俳優の仲間と、麻央さんの姉である小林麻耶さん、麗禾ちゃん、勸玄くんが石川五右衛門を演じる様子もアップ。2人ともとても楽しそうに演じています。悲しい気持ちだけでなく、少しでも子どもたちを笑顔にしたいという気持ちが伝わってきました。

勸玄くんを抱きしめる海老蔵さん



6月26日のブログには、海老蔵さんと一緒に寝たいといった勸玄くんが、翌朝突然泣き出してしまったこと、そんな勸玄くんを抱きしめることしかできなかったことがつづられていました。その後のブログでは「常に2人に愛を注ぎたいと思います」という決意を述べていた海老蔵さん。海老蔵さんの溢れる愛があれば、きっと2人も素敵な大人へと成長していくのではないでしょうか。海老蔵さんのこれからを応援していきたいですね!

写真提供:gettyimages