パク・ソジュン&キム・ジウォン主演「サム、マイウェイ」視聴率11.9%で月火ドラマの1位をキープ

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「サム、マイウェイ」の視聴率が小幅下落した。

本日(28日)、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、昨日(27日) 韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「サム、マイウェイ」第12話は、全国基準11.9%を記録した。

これは前回の放送の12%より0.1%下落している。しかし「サム、マイウェイ」は、MBC「番人」(8%、8.6%)、SBS「猟奇的な彼女」(8.2%、9.6%) を抑えて、月火ドラマ1位をキープした。

この日「サム、マイウェイ」では、これまで視聴者のさまざまな意見が寄せられたキム・ジュマン(アン・ジェホン) とペク・ソリ(ソン・ハユン) が別れた。ソリがイェジン(ピョ・イェジン) の家で眠っていたジュマンに「別れよう」と言ったためだ。その一方で、ドンマン(パク・ソジュン) とエラ(キム・ジウォン) の愛は一層深まった。