米ニューヨークで行われたNBAアワードショーで最優秀選手賞に選出され、トロフィーを手にポーズをとるオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウエストブルック(2017年6月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)の2016-17シーズン最優秀選手賞(MVP)に選出されたオクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)のラッセル・ウエストブルック(Russell Westbrook)に対し、元チームメートのケビン・デュラント(Kevin Durant)、往年の名選手マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)氏が祝福の言葉を贈った。

 26日に米ニューヨーク(New York)で開催されたNBAアワードショー(NBA Awards Show)で、ウエストブルックはMVPの最終候補に挙げられていたヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のジェームス・ハーデン(James Harden)、サンアントニオ・スパーズ(San Antonio Spurs)のカウィ・レナード(Kawhi Leonard)を抑えて栄冠に輝いた。

 28歳のウエストブルックは今季、1962年のオスカー・ロバートソン(Oscar Robertson)氏以来、リーグ史上2人目の快挙となるシーズン平均トリプルダブルを達成。その偉業を成し遂げた要因の一つには、昨年7月にチームメートのデュラントが、フリーエージェント(FA)でゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)に移籍したことが挙げられている。

 今月上旬に行われたNBAファイナルで、念願だった自身初のファイナル制覇を果たし、最近3シーズンで2度目となるウォリアーズのタイトル獲得に貢献したデュラントは、「ラッセル・ウエストブルック、MVP受賞おめでとう。今季は2Kのようなプレーだった。本当に頑張っていたから、それは尊敬しなければならない」とコメントした。

 シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)で通算6度のファイナル制覇を果たし、最初のリーグタイトルを獲得した3年前に自身初のMVPを受賞しているジョーダン氏も「ラッセル、おめでとう」と祝福し、「私も最初の優勝リングを手にする前に、初めてのMVPを受賞した。その調子だ!」と述べた。

 ウエストブルックは2012年、デュラントとともにサンダーでNBAファイナルに進出したが、レブロン・ジェームズ(LeBron James)を擁していた当時のマイアミ・ヒート(Miami Heat)に敗戦。2015年のウエスタンカンファレンス決勝では、ウォリアーズの前に屈した。

 サンダーは今季のプレーオフに進出したものの、ロケッツと対戦した1回戦(7回戦制)で敗退した。
【翻訳編集】AFPBB News