「Wanna Oneメンバーの安全が懸念される」行き過ぎたファンに事務所が忠告

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2から誕生したボーイズグループWanna Oneが、一部のファンによって酷い目に遭っている中、所属事務所側が立場を明かした。

27日、Wanna Oneの所属事務所YMCエンターテインメントは、公式ホームページに「最近事務所を訪れる一部のファンによって、アーティストの保護及び所属事務所周辺の秩序が危険な水準に至り、ご案内申し上げます」と始まる文章を掲載した。

続いて「Wanna Oneのメンバーたちがスケジュールで移動する際、事務所スタッフの制止にもかかわらず身体的な接触はもちろん、無理に対話を試みたり、写真を撮影するなどの行為によって、アーティストの安全が深刻に懸念されています」と付け加えた。

またYMCエンターテインメント側は「Wanna Oneのメンバーたちとファンの皆さんの安全を最優先に考えています。なので会社やアーティストの宿舎、練習室の訪問及びメンバーたちの非公開スケジュールに不必要な同行をしないように、ファンの皆さんに切にお願い致します」と伝えた。

【公式コメント全文】

こんにちは。Wanna Oneが所属しているYMCエンターテインメントです。

最近YMCエンターテインメントを訪問する一部のファンによって、アーティストの保護及び所属事務所周辺の秩序が危険な水準に至り、ご案内申し上げます。

Wanna Oneのメンバーたちがスケジュールで移動する際、事務所スタッフの制止にもかかわらず身体的な接触はもちろん、無理に対話を試みたり、写真を撮影するなどの行為によって、アーティストの安全が深刻に懸念されています。

また当社1階のカフェは当社と何の関係もありません。にもかかわらず一部ファンの騒ぎが1階のカフェを含め、事務所周辺の商店に被害を与えており、当社は非常に困難な状況に置かれています。

YMCエンターテインメントは、Wanna Oneのメンバーたちとファンの皆さんの安全を最優先に考えています。なので会社やアーティストの宿舎、練習室の訪問及びメンバーたちの非公開スケジュールに不必要な同行をしないように、ファンの皆さんに切にお願い致します。

また、意見及びお問い合わせは会社のメールアドレス(wanna_one@daum.net) の方にお願いします。ファンレターと各メンバーへのプレゼント(食べ物及び植物を除く) は郵便及び宅配便を通じて下記の住所に送ってください。サポートのご案内は後ほど致します。

弊社はアーティストの保護に最善を尽くすことをファンの皆さんにもう一度約束します。これからもWanna Oneに多くの関心と愛をお願い致します。

ありがとうございます。