「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」。稲田朋美防衛大臣はきのう27日(2016年6月)、東京都板橋区で行われた都議選の自民党候補の応援演説で、こんな発言をした。防衛省、自衛隊が特定の候補を応援しているかのように思われかねない。稲田大臣は昨夜に発言を撤回した。

自衛隊法では選挙権の行使以外の自衛隊員の政治的行為は制限されている。稲田大臣は「誤解を招きかねない発言に関して撤回をいたしたい」と述べたが、辞任については「しっかりと職務を全うしてまいりたい」と否定した。

野党、与党から非難の声

この発言に民進党の蓮舫代表はさっそく「自衛隊を政治的に利用し、選挙で私物化するもので看過できない。即刻辞任すべき」と批判した。

自民党内でも批判の声がある。ある防衛大臣経験者は「自衛隊を選挙に利用してはいけない。政治的に中立なのは当たり前。こんなこともわかってないのか」とあきれた様子だ。

森圭介アナ「どうご覧になりますか」

宮崎哲弥(評論家)「稲田大臣といえば、国会会期中に非常に拙い答弁で問題視されましたが、大臣として自覚というか、基本的な態度をわきまえていない。これでは選挙の足を引っ張ることになりますね」

激戦の最中に敵に塩を送るようなものだ。

司会の加藤浩次「謝罪、撤回、多いですね。稲田大臣は」

森「核保有、PKO南スーダン、森友学園・・・」

安倍首相の「秘蔵っ子」といわれているが、首相の任命責任が問われる。