ADOデン・ハーグに所属するハーフナー・マイク【写真:Getty Images】

写真拡大

 オランダ・エールディビジのADOデン・ハーグに所属する30歳のFWハーフナー・マイクが、ヴィッセル神戸に移籍するかもしれない。27日にオランダメディア『soccernews』が報じている。

 以前から日本復帰の噂はあるが、デン・ハーグのジェフリー・ファン・アスSD(スポーツディレクター)は「アジアの他の国からもいくつかオファーがあるが、具体的な話はない」と語り、現時点で合意に至っているクラブはないと明言していた。

 しかし、同メディアによるとファン・アスSDが『FOXスポーツ』のインタビューの中で 「今すぐ日本に復帰するのが彼の望み」と語ったとのこと。この件に関してはジャーナリストのウィエットス・ダイクストラ氏も「これは時間の問題だ。トラブゾンスポルとのレースになるだろうが、彼は日本に復帰するだろう。ヴィッセル神戸はほぼ確実に彼の次の目的地だ」とコメントしている。

 夏には神戸に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキも加入する。背の高いハーフナーとポドルスキがコンビを組めば、対戦する相手にとっては脅威となりそうだ。

text by 編集部