(株)アセットナイン(TSR企業コード:295640626、法人番号:1011001044372、渋谷区千駄ヶ谷1−28−8、設立平成12年2月29日、資本金1000万円、桐生隆社長)は6月21日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には上田慎弁護士(梶谷綜合法律事務所、千代田区大手町1−7−2、電話03−5542−1453)が選任された。
 負債総額は債権者22名に対して約8億2000万円。

 渋谷109を中心とした人気ブランドのグループ会社として設立。ギャル系ファッションとして自社ブランド「DURAS(デュラス)」や、姉妹ブランドとして「DURAS AMBIENT(デュラスアンビエント)」などをプロデュースしてきた。積極的な出店やFC店展開、セレクトショップへの卸売などを手掛け、平成24年1月期には売上高49億9056万円をあげていた。しかし、主力ブランド「DURAS」以外は不振が続き、ブランド営業権の売却や店舗閉鎖などを進めた。
 そうしたなか、仕入を担当していた関連会社(株)ゾディアック(TSR企業コード:294146342、法人番号:4011001049006、同所)が為替デリバティブで多額の損失を抱え、同社を支援するための負担が重く、さらに競争激化による販売不振から、29年1月期の売上高は15億132万円にとどまり、5億4174万円の赤字となった。経営再建策も限界に達し29年3月31日、会社分割で新設した(株)イナンナ(TSR企業コード:024128236、法人番号:2011001115643、渋谷区)に全事業を移管し、当社は清算手続きを進め今回の措置となった。